ようこそ、ルミ子の部屋へ Vol.11

「好き」と「幸せ」は両立しない?“パートナー交換”を果たした男女が迎えた、予想外の結末

仕事も恋愛も、自己実現も、自由に叶えられる時代。
それでも私たちは悩みの中にいる。

東京・銀座の片隅に、そんな迷える東京男女たちが
夜な夜な訪れるバーがある。オーナーをつとめるのは、年齢不詳の謎の美女、留美子

時間を巻き戻したい男・神谷新之介。結婚4年目の妻・まどかとの価値観の違いに悩んでいた彼は、学生時代の恋人・文子と偶然再会する。そして時をほぼ同じくして妻・まどかが恋に落ちた相手はなんと、文子の夫だったのだ–


新之助:「女は、やると決めたら絶対にやる」


「それでは、書面を読み上げます」

ガラスのダイニングテーブルを挟んで、2組の男女が向かい合っている。

神谷新之介(33)と、妻のまどか(38)。
山口文子(33)と、夫の修司(42)。

–仲のいい夫婦同士の夕食会に見えるんだろうな、傍から見れば…

ここは神谷......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
最後の話だったのに、納得出来ない笑
ルミ姐の活躍もイマイチだったし、夫婦交換なんてきわどいワードが出てきた割には中身は?だったなー。
高橋に18となる子どもがいたのにはビックリ!
2019/01/29 05:2099+返信9件
No Name
修司は巻き込まれただけ?
2019/01/29 05:2485
No Name
文子はどうなった
2019/01/29 05:1175
No Name
先週からの期待が高かっただけに「これだけ…」という勝手ながらのガッカリ感が、、💧
2019/01/29 06:0751
No Name
久しぶりに東カレ開いたらあか姐さんのコメントがなくなっていて寂しいです。過去の連載みたら心ないことを書きこんでる人たちがいた模様。こういう人たちが実社会でも自分が気に入らない人に嫌がらせしてるんだろうなー。最低。
あか姐さん、もしコメント読んでいらっしゃったら、気を落とさずお元気でお過ごしくださいね。
2019/01/29 07:4243返信8件
もっと見る ( 55 件 )

【ようこそ、ルミ子の部屋へ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo