土日に会えない男 Vol.1

土日に会えない男:「既読にすらならない…」急に音信不通になる男に恋した、28歳女の苦悩

女は、会っている時間に愛を育み、男は、会えない時間に愛を育てる…!?

平日は全力で働き、週末は恋人と甘い時間を過ごす。

それが東京で生きる女たちの姿だろう。

でも恋人と、“週末”に会えないとわかると、「いったい何をしているの?」と疑心暗鬼になる女たち。

これは、土日に会えない男と、そんな男に恋した女のストーリー。


1st week 「出会い」

―月曜日―


「海斗さんって、土日は何してるんですか?」

初対面の相手へのありきたりな質問。

でも、返ってきた答えは意外なもので、笹本美加(28)は興味をそそられた。

「土日は…ほとんど仕事をしてますね」

はにかんだ笑顔で釘宮海斗が言う。二人がグラス片手に立っているテラスに、心地良い夜風が吹いた。

「あれ?海斗さんのお仕事って…」

「脚本家なんです。わかりますか?」

― もちろん、わかる。ていうか、好き。

美加は、クリエイティブな仕事をしている男性がタイプだ。

― 沙希さん、ありがとう!

祝日の夜に開かれたホームパーティーは、会社の先輩・相島沙希が主催した。カレシと新築マンションに引っ越したことを祝う会だった。

リビングからテラスに出ると、そこに海斗がいて話しかけたのだ。実は彼を一目見たときから、クリエイティブな人が持つ独特のオーラを感じ、興味を持った。

「わかります!脚本ってドラマとか映画とか…ですよね?」

「そうです。会社員じゃなくてフリーランスなので、多くの人とはカレンダー感覚が違うんですよ」

前カレと別れて1年が過ぎ、美加はそろそろ新しい恋がしたいと思っている。遠回しに海斗が独身であることを確かめると、すかさずLINEを交換した。

その夜の帰り道、美加はスキップをしてみた。

いつかまた恋が始まりそうになったとき、そうしようと思っていたからだ。

【土日に会えない男】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo