罠 Vol.2

「これって単なるイタズラ…?」SNSで仕掛けられた攻撃。幸せ絶頂のプレ花嫁が、誰にも言えない秘密

—今すぐ、婚約を破棄しろ。

ある日、柊木美雪(ひいらぎ・みゆき)のSNSに届いた奇妙な一通のメッセージ

恋人の黒川高貴(くろかわ・こうき)からプロポーズをされて幸せの絶頂にいたはずの美雪は、その日を境に、自分を陥れようとする不気味な出来事に次々と遭遇する。

“誰かが、私たちの結婚を邪魔している。でも、一体誰が…?”

美雪を待ち受ける数々の“罠”をくぐり抜け、無事に結婚にたどり着くことが出来るのかー?


美雪の脳内に浮かぶ、3人の女性


誰が、何のためにあんなメッセージを送ってきたのだろうか。

仕事をしていても、思わずパソコンを打つ手が止まり、考えに耽ってしまう。私は深いため息をついた。

昨夜からずっと、あの奇妙なメッセージが頭にこびりついていた。

『いますぐ、クロカワコウキとの婚約を破棄しろ』

あの後すぐに相手のアカウントを調べてみたけれど、文字と数字が脈絡なく並んだその名前に、心当たりはなかった。アカウントは非公開。これでは誰なのかさっぱりわからない。

ふと、昨夜会った凛香の顔が脳裏に浮かぶ。私が自分の口から高貴との婚約を報告した人物は、凛香しかいないのだ。

でも親友の凛香が、あんなメッセージを送ってくるはずがない。昨日だって、彼女は祝福してくれた。

だとすると、昨日会社で詮索してきた2人だろうか?私は、結菜と藍の顔をそっと盗み見る。

しかしすぐにその考えを打ち消した。2人には婚約したことを言っていないし、そもそも高貴の名字しか伝えていないのだから。

私の周りにいないとすると、高貴の知り合いなのかもしれない。そう思って今朝、高貴にLINEで、あることを尋ねた。

『高貴は私と婚約したこと、誰かに話した?職場にいつ伝えたらいいか、ちょっと気になって…』

彼に不審がられないよう、そんなメッセージを送ったのだ。

でも、先ほどきた返事はノーだった。

『まだ話してないよ。時期は一緒に考えていこう』

高貴の返信を見つめながら、私は考える。

高貴が周りに軽々しく言う訳ないのだ。彼は慎重で口が堅く、段取りを大切にする男だ。私との結婚は、もっと進んでから周りに報告するだろう。

じゃあ、一体誰が?

高貴に伝えたほうがいいかもしれないと一瞬考えたが、そんな奇妙な連絡をして、彼に引かれてしまうのだけは避けたかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
あか姐
変なメッセージを「送る」女なら引かれたり嫌われたりするだろうけど、送りつけられて何で「いわくつきの女」なの?痴漢性犯罪の「被害者側にも落ち度があった」的思考?ふざけんな、100%加害者が悪いわ。
2018/12/23 05:1699+返信9件
No Name
黒髪の美女というと、ひとみがチラチラする((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
2018/12/23 05:5899+返信3件
No Name
高貴に相談しない理由はないよ、結婚するのに。なぜ嫌われたくないになるかねぇ。
2018/12/23 06:5099+
No Name
頼むゆりこー!メンタルだけは健康系の方でいてくれー!
2018/12/23 05:1777返信1件
No Name
なぜこの事実をコウキに相談できないのか理解に苦しむ。他人ならまだしも同じ当事者のコウキには言えるでしょ。他のシリーズでも言えることだけど、事件が起きたその瞬間に包み隠さず誰かに相談してたら大事にならないこと多そう。自分で解決できるほどの判断力もないくせに1人で抱え込みすぎ。「迷惑かけたくない」というエゴがかえって周囲を不幸にしている。
2018/12/23 07:4769
もっと見る ( 67 件 )

【罠】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo