東京結婚ファイル Vol.4

お金を払ってでも過去を変えたい。 玉の輿に乗ったはずの女が、日々感じる劣等感

ー結婚の正解が知りたいー

未婚・既婚に限らず、「幸せな結婚とは?」と、頭を悩ませている者が多い現代。

妥協婚事実婚、国際結婚、授かり婚、年の差婚など、多様性があるからこそ迷ってしまうのも事実。

未婚者は、自分にはどのスタイルが合っているのか。既婚者は、他の選択肢があったのではないか、と一度は考えるのではないだろうか。

結婚に「正解」があるとすれば、自分にとってのそれは何なのか?

結婚してしまった人も、これからの人も、色んな結婚のカタチをご覧いただこう。


File04:格差婚を選んだ女


名前:舞花
年齢:35歳
職業:専業主婦
パートナーの職業と年収:大手小売業 ・1,400万
結婚歴:7年
結婚のタイプ:格差婚


白金にあるシェラトン都ホテルの『ロビーラウンジ バンブー』に現れた舞花。

白い肌に、華やかな顔立ち。その美しさは遠くからでも目立......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
この夫が言わなくてもいいこと言っちゃうから余計に奥さん気後れするんじゃないのか?
配慮の足りない男だねぇ。
2018/10/22 05:1099+返信7件
No Name
ダンナは学歴とかもわかってて、結婚したのではないのか。。。あんまりだねー。
2018/10/22 05:2999+返信3件
No Name
旦那がひどい。。最初からわかってて自分で選んだのに、そういう言い方するなんて。。
2018/10/22 05:3299+
No Name
高校まで公立で育ち、自分自身が勉強して東京の女子大へ進学し、自分の実力で損保会社へ就職できた舞花は立派。
幼稚舎から慶応も素晴らしいことだけれど、引け目を感じる理由など一切ない。
玉の輿を狙ったわけではなく、総二郎から押されて付き合って今があるのに、配慮の足りないバカ夫だな。子供生まれる前にサッサと別れるべきだった。
2018/10/22 05:5799+返信12件
No Name
この嫁さんも言い返せばいいのに笑
「慶応ですか〜。実は受験させるかどうか迷っていて…。先日逮捕されたミスター慶応ファイナリストもいるし、ミスコンだって廃止されたじゃないですか〜。…ハッ、風水的によろしくないわ!それに総二郎さんも思った事を場の空気を読まずすぐ口にする温室育ちでのんびりした性格なもんだから、上司から怒られてばかりみたいで出世も危ういし〜。ハッ、水晶が濁ってきた!慶応よりももっと厳しい
学校に入れたいんですよね〜」
2018/10/22 06:4996返信8件
もっと見る ( 141 件 )

【東京結婚ファイル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo