有馬紅子 Vol.11

彼の1番の理解者は私。そう信じていた女を奈落の底に突き落とした、元彼の裏切り

深窓の令嬢が、超リッチな男と結婚。

それは社会の上澄みと呼ばれる彼らの、ありふれた結婚物語。

有馬紅子(ありま・べにこ)もそんな物語の一人として17年間幸せに暮らしてきた。

しかし突然、夫・貴秋が若い女と駆け落ち同然で家を出てしまい、紅子のプライドは消えかける。

就職した紅子が初めての売り上げを上げその手段が、周囲のスタッフを魅了する。その中には、上司である小河の元彼・坂巻もおり、彼は紅子に特別な感情を持ち始める。それを知り、弱った小河を狙った田所涼子が近づいてくる。

「社会経験、ほぼゼロ」。有閑マダムのレールから強制的に外された女・有馬紅子のどん底からの這い上がり人生に迫る。


―小河さん…何かあったのかしら?

バックヤードで小河さんと2人きりの作業中、私は、彼女の様子がおかしいことが気になっていた。

「履歴書の文字がとても綺麗だったので、有馬さんに手伝っていただきます」

朝のミーティングでそう言われて、今日の午前中は売り場に立たず、小河さ......


【有馬紅子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo