ダディ Vol.6

男がジュエリーを贈りたがるのは、浮気の証…?夫は知らない、妻ネットワークの脅威

港区界隈に生息している、40代・既婚の男たち。その名も「ダディ」。

仕事での成功は当たり前。

ハッピーな家庭も築き、アッパーエリアの公園に出没。

夜はイケてる腕時計をチラつかせ、「オッサン」を自称しつつ、部下にシャンパンを奢る余裕もある。

自他共に認める勝ち組オトコ、それが「ダディ」だ。

これは、今まであまり表立って語られたことのなかった、彼らの物語である。

好調な”ダディライフ”を送っていたリョウ(42)。だが、会社の右腕だと思っていた加納の裏切りが発覚する。

リョウは、父親業に奮闘しながら会社の建て直しを図るのだった。


「パパ、なんか顔痩せたよね。明日は私も一緒に走ろうかな」

土曜日の夜。

食卓で娘の美優にそう指摘され、リョウは喜びを隠せない。

早朝のランニングを始めて、2週間が経っただろうか。実は、体重が2キロほど減っている。

恥ずかしいことに初日は筋肉痛になってしまったほどだが、最近では走ることが楽しくて仕方がない。

「おぉ、いいよいいよ!一緒に走ろう。そうだ!今からウェア買いにヒルズに行くか?キッズのスポーツウェア、どこで買えるかな…」

美優と2人盛り上がっていると、朋美があからさまに低い声を出した。

「ダメよ。どうせ美優はちょっと走ってみたいだけなんだから、普通のTシャツとズボンでいいじゃない。前から思ってたけど、パパ、服とか小物とか考えずに買いすぎ」

珍しくトゲトゲしい朋美の物言いに、リョウは一瞬ムッとしてしまう。

たしかにリョウはファッションが好きだ。

節約志向の朋美が、時計や服にお金をかけるリョウをたしなめるのは理解できるが、美優のものを買う分には文句を言ったことがなかったのに…。

しかしその夜のうちに、リョウは朋美の不機嫌の原因がキッズ用スポーツウェアの購入ではなかったと知ることになる。

【ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo