ダディ Vol.5

「そこまでやるか…」。ハイスペック港区パパの戦い。イクメンの皮を被ったゲス男の、最低な手口とは

港区界隈に生息している、40代・既婚の男たち。その名も「ダディ」。

仕事での成功は当たり前。

ハッピーな家庭も築き、アッパーエリアの公園に出没。

夜はイケてる腕時計をチラつかせ、「オッサン」を自称しつつ、部下にシャンパンを奢る余裕もある。

自他共に認める勝ち組オトコ、それが「ダディ」だ。

これは、今まであまり表立って語られたことのなかった、彼らの物語である。

好調な”ダディライフ”を送っていたリョウ(42)

円満な家庭を支える堅実な妻を愛してはいるものの、華やかな美女の誘惑が絶えない。だが、会社の右腕だと思っていた加納の裏切りが発覚し、一気に暗礁に乗り上げる。


「四郎の代わりに?」

スマホに向かって思わず大きな声を出してしまい、朋美と美優がギョッとした顔でこちらを振り返る。

「ごめん、四郎ちゃん、これから家族で久々にメシ食いに行くんだよ。話ならまた後で…」

言い終わらないうちに、電話の向こうで四郎が懇願するような声を出した......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
港区パパの勝負って…まさか運動会の競技じゃないですよね…?笑
仕事も運動会も勝つんだ、ダディー!
2018/09/02 05:3299+返信4件
No Name
娘の運動会に友人を自分の代わりに出すなんて、聞いたことない…
娘の母親か、祖父か、伯父とかダメだったのかしら。赤の他人を代わりにするの〜?
子供の運動会くらい、仕事休むの当たり前でしょ、て世の中に日本がならないかなあ…
2018/09/02 06:0199+返信9件
No Name
この度も女の影がないね。くさされてよき父親、よき夫路線に切り替えたんだね。
2018/09/02 05:4146
No Name
この小説の中で、私は加納より四郎の方が何倍も嫌いだな。食事会に行く時間があるならそこでどうにか仕事都合つけといてよ。コイツも仕事できないダディだな。

加納は加納で、社長に振り回されてきたとか尻拭いばかりだったとか話してたから、彼なりの正義感があっての行動にも見える。ダディのバカッぷりを見ていると仕方なくも思えてくるよ。
2018/09/02 07:1141
No Name
これはパパの話だからあっちこっちにフィールドが跳ぶのね
まぁ女の人にフラフラするよりも好感が持てるかな
仕事でも運動会でも負けないように頑張れー
2018/09/02 06:4233
もっと見る ( 43 件 )

【ダディ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo