永久保存版B級グルメ Vol.7

旨だれ鶏生姜焼きに、絶品ロースかつ!メニュー豊富で一度じゃ満足できない定食屋があった!

中華そばとミニカレーライス ¥1,000


大正8年創立の蕎麦屋であえてのチョイスが上原ツウ
『朝日屋』の中華そばとミニカレーライス

洒落たカフェや飲食店がほとんどなかった頃から、静かな住宅街に佇む老舗の蕎麦屋がある。雄飛さんは、高校時代から友人と学校帰りに立ち寄っていたという。

「長いお付き合いになります。ミュージシャンになってからは、よくスタジオに出前をお願いしていました」。

地下に製麺室を構え、取り扱う麺はすべて自家製だが、雄飛さんが選んだのは、なんと蕎麦ではなかった!

「沢山のメニューの中から僕がおすすめするのは、中華そばとカレーのセット。お蕎麦屋さんでなぜ?という組み合わせですが、この店の魅力は蕎麦だけにあらずとお伝えしたくて!

オーソドックスな醤油味の中華そばは、いわゆる〝蕎麦屋の…〞という感じではなく、しっかり中華!それに合わせるのは、王道ともいえるニッポンのカレー。この組み合わせが嫌いな人はいないでしょう?」

ミニかけとミニかつ丼セット¥800


ほかにも、色々食べたい派の欲を満たすミニコンビの充実ぶりは凄い。出前ではなく店内で食べていくならば、多様な組み合わせに対応してくれる。

「ここまでレパートリーが豊富なのは助かりますね。こだわりの強いミュージシャンたちでも、各々好きなものを頼めますから。年季の入った佇まいは、味があっていいでしょう。貸し切って忘年会をしたのもいい思い出です」。

吉田一家が温かく出迎えてくれる

どこか懐かしさを感じる味わいと、家族経営ならではのほっとするような雰囲気が漂うこのお店。ご主人の祖父が新宿で創業し、上原に移転したのだという。

老舗蕎麦屋は、上原の大人たちを今日も魅了しつづけている。

近所の常連たちは昔から出前を取るのがお決まり。店内に響く黒電話の昭和の音色が懐かしい

知人の書道家が彫った看板が目印

東カレアプリなら、電子書籍で読み放題!

上質で温かみのある夜が、上原にはある。

プレミアムサービスなら、最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!
レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

【永久保存版B級グルメ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo