東京離婚事情 Vol.8

離婚の原因1位である“性格の不一致”問題。どの夫婦にも当てはまる些細なキッカケとは

夫婦とは、不思議なものである。赤の他人同士が一緒になり、そして家族となって家庭を築いていく。

しかし、厚生労働省が発表している人口動態統計調査によると、2017年度で21万2,000組の夫婦が離婚している。

—永遠の愛を誓いますか?

そう誓ったはずなのに、どうして離婚を選んだのか。踏み留まった方が良かったのか、それとも離婚して正解だったのか…。当人たちにしかわからぬ事情。

この連載では、離婚まで至った背景とその原因について探ってみた。

これまでに、嫁の浮気が発覚した太郎や、子供ができずに離婚した正人レスだった信弘地方に馴染めなかった恵那に迫った。今週は?


名前:里美(さとみ)
年齢:33歳
職業:秘書
年収:500万
結婚歴:3年半
前夫の年齢と職業:35歳、経営コンサルタント


夕暮れ時に、待ち合わせ場所である表参道にある『TWO ROOMS GRILL | BAR』に現れた里美は、穏やかな表情を浮かべていた。

「前夫である幸之助とは、青山で一緒に住んでいました。だからこの界隈は二人の思い出の場所でもあるので、少し胸が締め付けられますね」

そう言いながら、テラス席から綺麗に見える藍色の空を見つめる里美。

現在大手外資系ブランドの秘書室にいるという里美が離婚したのは、1年前のことだという。

「決して、何か大きな事件があったわけではないんです。向こうが浮気をしたわけでもなければ、私に好きな人ができたわけでもないですし」

過去に話を聞いてきた方たちは、レスだったり、どちらかの不貞行為があったりと、明確な理由があった。

しかし、里美の場合はそういった問題はなかったという。

「今まで芸能人の方たちが、離婚の際に“性格の不一致”と言っているのを聞いて理解できませんでした。でもいざ自分ゴトとなり、これ以上ピッタリ表現できる言葉はないと痛感しましたね」

そう言いながら笑う里美。

そんな彼女の話を聞いているうちに、些細な日常生活の中にこそ、離婚の引き金が潜んでいることがわかったのだ。

【東京離婚事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo