年の差婚コンフィデンシャル Vol.3

「彼女、ああ見えてすごいんだよね…」男に“底なし沼”と呼ばれた、美しき妻の意外過ぎる一面

−年の差婚−

40代のリッチな夫に、20代の美しい妻。

多くの人は思うだろう。打算で結ばれた男女。
そこに「愛」などあるはずはない、と−

保険調査員の小林真奈(30)は、51歳で急死した資産家・山中修也の妻、塔子(30)の元をたずねる。4年前に結婚した夫妻は、22歳の年の差婚だった。

−夫を、愛してはいませんでした。

そこで塔子の口から次々と飛びだす、にわかに信じられない告白の数々。

−私、男性経験1人なんです。相手は夫じゃありません。

塔子には山中との結婚前、「私のものにならないなら死んじゃえばいいと願った」ほど愛した男がいたらしい。

その男とは、一体何者なのか–


美しい指の男


–私、山中とは寝ていないんです。出会ってから4年半、一度も。

小林真奈(30)の頭の中で、未亡人の言葉が何度もリフレインする。

ありえない。出会ってから、一度も?

しかも相手はあの塔子だ。20代の頃の松嶋菜々子と黒木メイサを足して、壇蜜のエッセンスをまぶしたような。

山中修也の年齢的・身体的な問題か、それとも…。真奈は頭のモヤモヤを追い払うように、ぐっとビールを飲み干した。

銀座駅C6すぐ、雑居ビルの一角にある『銀座バードランド』。真奈はここで、ある男を待っている。かれこれ30分も。

男の名は、古賀佳文。36歳。塔子と同じ大手化粧品会社の宣伝部に所属するコピーライター。

そして塔子が唯一、体を許し、狂おしいほど愛した男。

正直、古賀への聴取は保険調査という業務の範囲を超えている。会社に見つかったら懲戒解雇ものだ。

でも真奈は好奇心を抑えられなかった。

山中修也と塔子。あの年の差夫婦には“何か”がある。その“何か”を握っているのが、古賀という男である気がしてならないのだ。それにしても、遅い…

「すいません、もう一杯ビール!」

叫びかけたとき、入り口の琥珀色の扉が静かに開いた。

男は、湿った夏の夜の空気とともに、猫のようにするりと店内に滑り込んで来た。

特に悪びれる風も、あわてる様子もなく、テーブル席にいる真奈を見つけるとひらひらと手を振る。古賀佳文だ。

男にしては華奢でキレイな指だな、と真奈は思った。

【年の差婚コンフィデンシャル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo