鮮やかなグリーンの外観が目印!新橋でNo.1人気を誇るお洒落肉バルがここだ!

新橋を象徴する肉バル。店の窓ガラスに水性ペンで“肉バル”と書いてある店舗を一度や二度は目にしているはずだ。

だがしかし、新橋の肉バルはそんなところだけじゃなかった!今回紹介するこちらのお店は、新橋の裏路地といういかにも猥雑な通りにありながら、一際スタイリッシュなグリーン1色の外観が目を引く肉バルの名店。

客層もお洒落な大人たちが多く、おじさんの姿は皆無!そして価格も新橋プライスと小慣れている。新橋をダサいと思っている人にほど、一度行って欲しい名店なのだ。

オフィスビルや雑居ビルの褪せた色が多い中、この店の外壁は、目が覚めるほど鮮やかな緑色。雑多な通りに映えるこの店は、目に見えてお洒落だから、おじさんたちが物怖じして入ってこないのもポイントだ


連日満員!そこにいるのは味も空間も妥協しない大人だけ
『Bistro ミヤマス』

肉ビストロや肉バルを謳う店が新橋には山ほどある。そのほとんどが、ガハハと騒がしい上に想定内のありきたりな料理を提供してくる。

しかし、その他大勢から脱却したい人が目指すべきは、段違いの料理の美味しさと、お酒へのこだわり、そしてなんといっても洗練された大人たちで賑わう空間がそろう店だといえる。

仔羊肉と春野菜の煮込み~ナヴァラン・プランタニエール~¥2,571。オーストラリア産のソルトブッシュラムを羊肉のスープでじっくりと煮込んだラム肉好き必食のメニュー


この店の名物は、フランスで修業を積んだシャルキュティエによる、本場仕込みのソーセージやハム。

豚の内臓肉で作るアンドゥイエットやブーダンノワールのグリルなど、肉感たっぷりのシャルキュトリーはバリエーションも豊富だ。

自家製スモークサーモンのルイベとフェタチーズのサラダ¥1,209。半解凍状の鮭の食感が新鮮。

ソーセージ盛り合わせ¥3,002。なかでも人気なのが、グリュイエールチーズとコリアンダーたっぷりのソーセージ(奥)。あふれ出る肉汁もたまらない!

自家製シャルキュトリーは、ベテランのシャルキュティエが一から仕込んでおり、その他大勢の肉バルとは一線を画す美味しさ。女子も一皿軽く食べてしまうという


肉の旨みを追求した料理をシェアすれば、味にうるさい大人も必ず盛り上がる。

また、旨い肉料理にはワインじゃなくビール!という人の欲望もしっかり満たす、豊富なビールの品ぞろえも自慢だ。

3人以上で集まる場合はカウンターを敬遠しがちだけど、この店ではむしろ人気。ちょっとずつ向き合える変形カウンターなら、相手との距離も近いうえに会話もしやすく、誰一人疎外感がない!


店内がつねにご機嫌なムードに包まれているのは空間デザインにも秘密が。ライブ感のあるオープンキッチンを囲むような造りのカウンター席は、4人横並びで座っても両端の疎外感は皆無。

いつも洒落た大人に押さえられてるのが、テーブルともカウンターとも言えないこのシート。一体感すら生み出す、覚えておくべき特等席だ。

ひとつ上の新橋へ。本日発売の月刊誌「東京カレンダー7月号」は一冊すべて、新橋特集!

いつもと違う「上質な新橋」を大人は知っておくべき!

「新橋には期待していない」、なんて貴方のために「ひとつ上の新橋」を完全網羅!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は5/21(月)!

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる「神泡体感キット」をもらおう!
アンケートはコチラから!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo