銀座でたっぷりと金沢の美味を頂ける女性店主の和食。のどぐろの塩焼が絶品!


銀座七丁目にある『銀座やまざき』

店主の山崎晃子氏が、地元・石川県の食材を贅沢に使用した料理でもてなしてくれる場所だ。

彼女の料理は、食べた人を美食の街・金沢へトリップさせる魅力あふれる品ばかり。

銀座にいながら、心からほっとできる人気の和食店をご紹介しよう。

カウンターの他、テーブル席と個室も用意

石川県出身の女性たちが作り出す
地元の食と文化を伝える料理たち

名店ひしめく銀座七丁目に『銀座やまざき』はある。

2018年にオープンして以来、銀座を訪れる食べなれた大人たちの舌を満足させる日本料理を提供し続けている。

同店を切り盛りするのは、石川県出身の三人の女性たち。暖簾をくぐると、カウンター越しにそろって笑顔で出迎えてくれる。

店主・山崎さんは『並木橋なかむら』出身。産地直送の鮮魚や加賀野菜を使用し、石川県の文化や伝統も感じられる心温まる品ばかりだ。

「加賀蓮根の鰻はす蒸し」

最初の一品で心もほっと和ませる

この日は、「旬の魚コース」(10,000円)の中から5品を用意いただいた。

最初の一品として供されたのは「加賀蓮根の鰻はす蒸し」。

無農薬の加賀蓮根をすりつぶして作られた饅頭の上に、鰻の白焼き。鰻出汁の餡がかかった、ほっとできる一品だ。

席に着き、最初に口に入れる料理が温かいと自然と心もほぐれてくる。

「能登寒ぶりのお造り」

脂がのった寒ぶりを、こだわりの醤油で

続いて運ばれてきたのは「能登寒ぶりのお造り」(お造りの内容は日替わり)。

お造りには石川県産の醤油を添え、味わいを説明してくれる。

この日は、能登のサクラ醤油。脂がのった寒ぶりを甘みのある醤油が引き立て、辛味大根があっさりと締める。

石川県では、大根おろしでぶりを食べる文化がある。それだけぶりに脂がのっているのだ。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>

「生鱈白子とギバサ(能登海藻)のぽん酢浸し」

産地直送だからこそ楽しめる新鮮な味わい

食材は、金沢港や七尾港から産地直送で新鮮な魚介を仕入れている。

新鮮な生鱈白子が仕入れられた日には、「生鱈白子とギバサのぽん酢浸し」などもコースの中に登場する。

11~12月という限られた時期にしか味わえない北陸地方の冬の味覚「香箱蟹」も毎年提供。

旬の味を目当てに多くの人が訪れるという。

「のど黒塩焼 源助大根鬼おろしと自家製岩もずくの佃煮で」※焼物をのど黒などの特選魚に変更の場合追加料金あり(時価)

塩にまでこだわる、味わい深きのど黒塩焼き

やはり、この店で頂きたい逸品は「のど黒塩焼き」だ。

のど黒のコクと皮目の香ばしさを、源助大根鬼おろしが引き立て、深い味わいが広がる。

旨味が強く希少な「奥能登揚げ浜塩田 大谷塩」にこだわり、生産者から直接仕入れているという。

この大谷塩が、のど黒の濃厚な美味しさを膨らませ、石川県の食文化の豊かさを伝えてくれる。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo