神戸嬢戦争 Vol.6

神戸嬢であることには“税金”がかかる。会費1万5千円の誕生日会から透けて見える、女の友情

アラサーの神戸嬢を語るには欠かせないある“時代”が、神戸にはあった。

2000年代初期、今なお語り継がれる関西の「読者モデル全盛期」だ。

しかし時を経て読モブームは下火となり、“神戸嬢”という言葉も、もはや死語となりつつある。

高校時代から神戸嬢に憧れていた姫路出身の寛子。大学入学後は読者モデルデビュー、さらに人気ブランドでのアルバイトが決まり、理想の神戸嬢ライフを手に入れていた。

そして大学の友人・利恵に誘われた、甲南ラグビー部との食事会で出会った弘孝とデートするが、神戸のネットワークの狭さや、亜由香の妬みに驚きを隠せない。

誰もが羨む正真正銘の“神戸嬢”になるには、「神戸であること」「金銭」、「彼氏」という“3K”の条件が必要だという事実に気づいたのだった。


神戸女学院という女子大ブランド。
関西の人気雑誌での読者モデル。
有名ブランドでのアルバイト。

全てを手に入れた寛子は、“神戸嬢”の最高峰に位置しているはずだった。

ここが東京なら……。寛子は、トップだったのかもしれない。

しかしここは神戸。
全ては、生まれた......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
うわべだけの関係なのに、アルバム作りなんて面倒なことをさせられた上に、15,000円も払わされて、何の罰ゲームかと思ってしまった…。
2018/04/11 05:3999+返信2件
No Name
アルバムの写真て、何を写してるの?
主役本人の写真?
自分の写真貰って嬉しいもんなの?
それとも書いた人と主役のツーショット?
大人になって‘お誕生会’というと「西田ひかるじゃないんだから」と夫がバカにするので、こんな浮かれた事やった事ないもんで、わからない。
2018/04/11 06:1742返信2件
No Name
えげつない仲よしごっこに強制参加で15000円払わなきゃいけないなんてどこのブラック飲み会かよ。
2018/04/11 07:3542
田舎者
見栄の為の経費としてはちと高い。
2018/04/11 06:4834返信1件
No Name
私が女子の集団写真が生理的に嫌いな理由がわかった!うわべだけで悪口言い合ってる集団が
自分だけが綺麗に写るよう必死。
神戸だけじゃないよ。
2018/04/11 08:0725
もっと見る ( 62 件 )

【神戸嬢戦争】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo