東京の中心で、地元愛をさけぶ Vol.10

「“付き合おう”なんて必要ですか!?」ルールに囚われない男の、独特な恋愛観

「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

これまでに、横浜出身の商社マン・亮太千葉出身の百合埼玉出身の大輔名古屋出身の加奈を見てきた。今週は?


【今週の地元愛をさけぶ男】

名前:宗太郎
年齢:28歳
職業:外資系投資銀行
年収:1,500万
出身地:シカゴ(米国)
現在......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
「付き合って」って言葉、必要です。やっぱり、ちゃんと言って欲しいです、私は。

あと、地元愛っていうから、47都道府県の話を期待してたけど、最後は海外で全然違いましたね。
2018/03/23 05:2058返信2件
No Name
マツタケみたいな心の余裕があるのかな?
帰国子女って物凄く親しみやすい人か物凄く関わりたくない人かに分かれる。
2018/03/23 05:1435返信3件
No Name
せっかくネタが多そうな連載なんだから、ここで終わらせるのはもったいないような..
もっと他の都道府県の人のも見たかったな~
どうせなら東京にある各地のおいしい料理の店も紹介してくれれば良かったのに。
2018/03/23 05:3429返信6件
No Name
付き合おうって言葉、必要ですよ。
相手も同じ気持ちだろうって思っててもいつの間にかすれ違ってることはありますから。
育ちでそんなに違うものなのかなー
2018/03/23 06:3221返信3件
No Name
全然地元愛感じられず終わったな。
せめて最後も「シカゴだいすきですよ!東京も好きですが」で終わってくれたらいいものの、逆だったし。東京の中心で東京愛叫んでるじゃねーか。
2018/03/23 08:3117
もっと見る ( 51 件 )

【東京の中心で、地元愛をさけぶ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo