東京の中心で、地元愛をさけぶ Vol.1

東京の中心で、地元愛をさけぶ:プライド高き横浜出身商社マンを落とす、キラーフレーズ

「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?


【今週の地元愛をさけぶ男】

名前:亮太
年齢:27歳
職業:総合商社勤務
年収:1,000万
出身地:横浜
現在の居住地:青山一丁目

“神奈川県出身”とは絶対に言わぬ、浜っ子のポリシー


「横浜、好きですね。」

開口一番に亮太から飛び出したのは、横浜に対する強い地元愛だった。

今流行りの塩系あっさりフェイスに、綺麗な肌。総合商社勤務らしく、スーツの着こなしも綺麗にまとまっている亮太。

彼の出身地が横浜と聞いて、妙に納得してしまう。

「未だに地元から出ない同級生もたくさんいる。東京も好きですが、地元愛は強い方だと思います。」

東京都の隣にある神奈川県。当たり前のことだが、横浜は神奈川県である。しかし、横浜出身の人は口が裂けても“神奈川県”出身とは言わない。

必ず、“横浜”出身と言うプライドの高さ。

どうやら彼らは“神奈川県”であることに強い思い入れはなく、“横浜”を愛しているようのだ。

洗練されたみなとみらい、異国情緒あふれる中華街。幅広いジャンルの博物館やギャラリーもあり、アカデミックさも漂わせている。

東京のように雑多でチャラついているような街とは、別格だという自負が垣間見える。

そして、彼らもそれを隠そうとはせず、「それが何か?」とでも言うように、横浜を語るのだ。

「たしかに横浜出身の人は、プライドが高い気もしますね...でもその分妥協を許さない。そして何より、浜っ子同士の絆が強いです。」

今でも定期的に横浜に帰っては、地元の友達と集うと言う。

東京勤務でも通勤可能な距離のため、東京に住まずに地元から通う友人も多いそうだ。

【東京の中心で、地元愛をさけぶ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo