今さら聞けないワインの基礎知識 Vol.10

過去10年で輸入量が約2倍に!スパークリングワイン市場で、一体何が起きている?

スパークリングワインの輸入量が、過去10年で爆発的に増加しているらしい。

この期間に泡市場では一体何が起きたのか。編集部がワインジャーナリストの柳 忠之さんに聞いてみた!

Q.スパークリングワインが
日本で人気を集めるようになったのは、なぜ?


柳「ちょっと聞きたいことがあるんだけど。」

――このコラムで初めてですね。柳さんからの質問は。

柳「突然だけど、君(女性担当編集)が好きなワインってなに?」

――高価なワインです。もちろん、自分の払いじゃなくて人に飲ませてもらうことが絶対条件。

柳「ガクッ。で、まじでなに?」

――それはやっぱりシャンパンに代表される泡もの、スパークリングワインに決まってるじゃないですか。


柳「期待どおりの回答をありがとう。じつは昨年の通関実績を調べていてわかったのだけど、スティルワイン、つまり泡の出ないふつうのワインの輸入量が少し減ったのに、スパークリングワインは伸びてるんだな。」

――それはそうでしょ。ワインをあまり知らない女子も、スパークリングワインなら喜んで飲みます。

柳「シャンパンじゃなくても?」

――ええ。そもそも誰もがシャンパンとそれ以外のスパークリングワインとの違いを理解してると思います? 私はもちろんばっちりですけどね。

スパークリングワインの伝統的製法ってなに?


柳「ではさらに聞くけど、スパークリングワインを好きな理由ってなに?」

――う〜ん、華やかできらびやかで、優雅な気分に浸れるところ。

柳「なるほど、バーチャルにセレブ感を味わえるわけか。グラスの中を泡が踊っていれば幸せなのね。」

――ほかの女子も泡を好む理由はそこかと。そうだ、これを機会にシャンパン以外のスパークリングワインについて、詳しく教えてください。

柳「よろしい。シャンパンがフランスのシャンパーニュ地方でのみ造られたスパークリングワインで、原産地呼称制度で守られていることは以前に述べたとおりだ。その時、製法までは話さなかったけど、シャンパンは瓶の中で気泡を発生させる、伝統的製法でなければならないという決まりがある。」

――伝統的製法?

【今さら聞けないワインの基礎知識】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo