エリート亮介の嫁探し Vol.12

「私たち、共通点が多いですね♡」と目を潤ませる女の発言に、エリート男が抱いたある疑念

エリートとはフランス語のéliteが由来で、「選び抜かれた人」という意味だ。

東京大学出身、その後大学院を経て世界的IT企業のアメリカ本社への転職が決まっている亮介は、まさに世に言う”エリート”。

ビザ取得のため、日本に一時帰国している半年の間に、亮介は日本での婚活を決意する。

元カノの里緒と再会し、亮介はやり直そうと決意する。

そんな中、ジョギング中に知り合った一言により、里緒が会社を辞めた理由が不倫に因るものだと知る。

確かめようと昔のバイト仲間の健太に確認すると、亮介の他に、元バイトの相田君も里緒のことを嗅ぎ回っていると聞く。

里緒に直接確認するが、怒って帰ってしまい、真相は闇の中…。


しんと冷えた空気に瞬く星空。

仕事終わりの帰り道、亮介の心は重く沈んでいた。

「里緒はどうしているんだろうか?」

先日、前の会社を退職した理由を聞いた時の里緒の態度が、かすり傷のようにヒリヒリと心に残って消えない。

亮介の想像では、「そんなの嘘よ」と、呆れ気味に言うと思っていた。

しかし実際には、少し取り乱したかのように怒り、そのまま立ち去ってしまったのだ。

ー里緒が不倫なんて、するはずがないと思うが…。

厄介なもので、一度拭えたかと思っていた女性への不信感が、また顔を出し始めた。

はぁ、とため息をついた時、ポケットの携帯が震えているのに気がついた。

ー今から会えませんか?

恵からのLINEだ。どうしようか、と考えていると、続けざまにもう1通届く。

ー彼氏と別れてしまって。

普段なら顔文字などで飾られたLINEが、今日は打って変わって簡素な文面だ。

ーわかった、今から向かうよ。どこにいるの?

以前会った時の悲しむ顔が頭に浮かんでしまい、断れなかった。それに今夜は亮介自身、一人でいたくない。

ーありがとうございます、『ミクソロジー バー ソース 2102』にいます。

亮介はタクシーを捕まえ、恵の元へと向かった。

【エリート亮介の嫁探し】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo