銀座を遊びつくせ! Vol.20

銀座で鮨デートならここ!2人が幸せになれる、絶対に外さない10選

「銀座で鮨」というシチュエーションは、やはりあこがれのデートではないだろうか?

そんなときにも恐れることなかれ。東京イチの大人の街「銀座」は、一流の店こそ、お客様には恥をかかせない。

銀座には意外に門戸が広く、ビギナーに優しい鮨の名店が揃っているのだ!今回はなかでもおすすめの10店を一挙に紹介しよう。

「お任せお料理コース」(1人前¥12,000 税込)

鮨をシャンパンで味わう、新感覚のレストラン
『銀座 815』

英国王室御用達を拝命する希少な名門シャンパーニュメゾン「ボランジェ」の正規輸入代理店であるアルカンと、端正な握りで人気の鮨屋『銀座 いわ』の店主・岩央泰氏とのコラボレーションによって実現した、“鮨シャン”レストラン。

メニューには、伝統的な江戸前の技法とイタリアンやフレンチの素材や技との出会いにこだわり、食材にはキャビアやトリュフなどを使用した、普通の鮨屋とは違う、新感覚のラインナップが並ぶ。

ペアリングコース(1名¥6,000 税込)※写真はイメージ

岩氏監修の、洋のエッセンスを取り入れたお任せコースでは、日本とフランスの伝統を最大限に引き出すペアリングを楽しむことができる。

プレステージクラスの高級シャンパンも含まれる、お得なボランジェコースでは、世界のワイン愛好家を虜にする名門シャンパーニュメゾン「ボランジェ」の魅力を余すことなく体験できる。

シャンパンのみならず、アルカン社の取り扱うブルゴーニュワインや日本酒を織り交ぜた、緩急ある構成も楽しい。

11席あるカウンター。恋人としっとりと“鮨シャン”を楽しみたい人におすすめだ

小林氏の技が冴え渡る美しく繊細な味わいの握り

経験を美味に昇華していく、異色職人の心意気
『木挽町 とも樹』

勝どきの『さヽ木』の先代・佐々木啓全氏や伝説の名店『きよ田』の新津武昭氏の師事を仰ぎ、技を磨いた店主・小林智樹氏。名店で培った正統派の技術と、自身がライフワークとする"旅"で得た経験を元に、幅広く、かつ奥深い鮨を展開する。各地の漁師から直送される旬魚も味わい深い。

カウンターの奥には2~4名で利用可能な個室も備える

北海道産のムラサキウニ。米は鮨用に特別につくられたものを使用

銀座にして普段の会社帰りに立ち寄れる鮨屋
『鮨ふじ田』

充実した内容のコースを¥12,000という特価で提供。そこには、店主・藤田真一郎さんの「幅広い年代の人に鮨を気軽に食べてほしい」という気持ちが込められている。

魚は瀬戸内、房総、外房から直に入れているので鮮度の良さは抜群。朝捕れたものが早ければ昼には入るそう。

その日のおすすめの魚が送られてくるため、鮨のネタとしては珍しい魚が握りに採用されることがあるのもユニークだ。若き店主が、真摯かつ穏やかに、未知の鮨の楽しさを教えてくれる。

湯葉とイクラがのった茶碗蒸し。茶碗蒸しは常時コースに含まれ、内容は日毎に変わる

店主の藤田真一郎さんは現在36歳。3年前にこの店を作り、店には店主と同年代のリピーターも多い。〈コース¥12,000~〉

【銀座を遊びつくせ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo