アモーレの反乱 Vol.5

アモーレの反乱:その女は敵か味方か?妻と昔の彼女の思わぬ関係、知らぬは夫だけ

港区在住。遊びつくした男が、40歳で結婚を決意。

妻には、15歳年下で、世間知らずな箱入り娘を選んだ。なにも知らない彼女を「一流の女性」に育てたい。そんな願望もあった。

誰もが羨むリッチで幸せな結婚生活を送り、夫婦関係もうまくいっていたはず…だったのに。

世間を知り尽くして結婚した男と、世間を知らずに結婚してしまった女。

これは港区で実際に起こった、「立場逆転離婚」の物語。

15歳年下の妻・利奈(りな)に理由もわからず、突然離婚を切り出された夫・昌宏(まさひろ)が家を出て、ホテル暮らしを始めて1週間が過ぎた。昌宏は、昔の恋人・藍子に仕事の相談があると呼び出されるが・・・。


2001年のシャトー・ラトゥール。

世界に名高い1級シャトーの赤ワイン。しかもこのワインの本領は「15年以上寝かせてこそ」発揮されると言われている。

本来なら最高の味わいが楽しめるはずなのに。

今の僕は、嗅覚も味覚もろくに働いていないようで、もったいない注文をしてしまったことを後悔していた。

いつだったか、親しいソムリエが「精神状態がテイスティングに影響する」と言っていたことを思い出す。

妻が離婚を切り出して以来ずっと不安だったし、気持ちが晴れたことは無かったが、今日初めてそれが怒りに変わった。

数時間前「妻の弁護士」とのやりとり以来、ずっと苛立ちが収まらないのだ。



会社に届いていた妻の弁護士からの「内容証明郵便」に気が付いたのは今朝のこと。そこに書かれていたのは…

①通知人(妻・利奈)は弁護士を代理人とし、夫・昌宏との3か月以内の協議離婚を望む。

②夫・昌宏側があくまでも「妻の提案を拒む」という場合は、法的手段も辞さない。

という2項目。

一方的に送りつけられたその書類に、法的効力が無いことは僕にもわかったが、やはり冷静ではいられない。

秘書に大切な電話をかけるからしばらく誰も近づけないように伝えた後、社長室に鍵をかけ妻の弁護士に連絡をとった。

「法的手段ということは、妻は離婚調停や裁判に持ち込むことも考えているということですか?」

【アモーレの反乱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo