アモーレの反乱 Vol.2

アモーレの反乱:「あなたは私のこと何も知らない」。結婚4年、夫が初めて見る妻の一面

港区在住。遊びつくした男が、40歳で結婚を決意。

妻には、15歳年下で、世間知らずな箱入り娘を選んだ。なにも知らない彼女を「一流の女性」に育てたい。そんな願望もあった。

誰もが羨むリッチで幸せな結婚生活を送り、夫婦関係もうまくいっていたはず…だったのに。

世間を知り尽くして結婚した男と、世間を知らずに結婚してしまった女。

これは港区で実際に起こった、「立場逆転離婚」の物語。

15歳年下の妻・利奈(りな)から、突然離婚を切り出された昌宏(まさひろ)は、理由もわからずただ困惑することしかできなかった。


虎ノ門・アンダーズ東京の一室。

僕は、ツインルームのベッドの端に座り、スマホで情けない検索を続けていた。

検索ワードは「離婚理由 妻」。

ある統計によると「性格の不一致」がダントツの1位。その後「精神的苦痛」「生活費を入れない」「夫の浮気」「暴力」となんとも物騒な言葉が並ぶ。

正直、どれも心当たりが無いのだ。

サイドボードに置かれた、シングルモルトのグラス。

その氷が溶ける音が響き、時間の経過に気がつく。夕日が降り注ぐ部屋にチェックインしたはずが、いつの間にか真っ暗。

携帯の明かりだけが煌々と光り、僕の顔を照らしている。

部屋の電気もつけないままバカな検索に夢中になっていたことを、目の疲れとともに自覚し、自分に呆れる。

少し悩んだ後、LINE画面を開く。トークの一番上に表示された、妻のアイコン(彼女が活けたフラワーアレンジメントの写真)をタップし

「夕食は、食べた?」

考えては消し、打ち込み、を繰り返した挙句、そう送ってみた。

画面をしばらく見つめていたが、既読にならない。

自分のアイコンにしている妻との2ショットは、二人とも満面の笑み。それが尚更僕をむなしくさせる。

携帯をベッドに投げ、自分も靴のまま倒れこむ。仰向けになって目を閉じてみるが、昨夜も寝ていないというのに、眠気は一向に襲ってこない。

妻は、今…どこで、何をしているのだろうか。

【アモーレの反乱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo