年収8ケタの女 Vol.2

年収1,200万円・商社勤務の36歳女。週末の韓国弾丸旅行の代わりに見つけた“新しい目標”とは?

年収“8ケタ”(1,000万円以上)を稼ぐ女性たち。

給与所得者に限っていえば、年収8ケタを超える女性の給与所得者は1%ほど。(「令和2年分 民間給与実態統計調査」より)

彼女たちは仕事で大きなプレッシャーと戦いながらも、超高年収を稼ぐために努力を欠かすことはない。

だが、彼女たちもまた“女性としての悩み”を抱えながら、日々の生活を送っているのだ。

稼ぐ強さを持つ女性ゆえの悩みを、紐解いていこう――。

▶前回:年収2,500万の開業医。夫との冷え切った夫婦生活に絶望する女医は…


File2. 沙織、年収1,200万円。コロナで楽しみを奪われて…


「さてと、インスタをチェック…」

沙織は通勤電車に乗り込むと、バッグからスマホを取り出した。この時間は、お気に入りのK-POPグループのInstagramをチェックするのが日課となっている。

自宅の最寄り駅から地下鉄で15分。すぐに、オフィスのある大手町駅に着いた。

「さてと、今日も頑張ろう!」

大手町駅で地下鉄から降り、オフィスのあるビルに向かうのだった。



沙織は上智大学を卒業後、大手総合商社に入社。財務経理部に配属された。

経済学部で会計学を専攻し、入社後も財務経理一筋でキャリアを築いてきた沙織の現在の肩書は「財務経理部マネージャー」。

日本本社とグローバル各拠点とをつなぐリーダー的な役割を担っており、会議でも英語でファシリテートするなど、今では財務経理部の中核メンバーだ。

「中野さん、君の実力ならフロントで十分活躍できる。ぜひ営業への転向を考えてほしい」

実務能力も社内の評判も抜群の沙織は、このような言葉とともに何度も営業職への転向を打診された。

しかし、数字の集計や分析という緻密な作業が大好きな沙織にとっては、財務経理部の仕事は営業職よりも断然魅力的なもの。そして何より、今の仕事は得意先の都合に振り回されることなく、ある程度自分でタスクをコントロールできる。

これは、沙織の趣味のK-POPに時間を使うために最も大事なことだった。

そんな沙織の年収は、事務職ではあるが総合商社というだけあって1,200万円を超える。36歳の今では、会社の自社株や今までの投資などを合わせると資産は5,000万円ほどになっていた。

同期入社の女性の多くは社内結婚したが、沙織はご縁がなく今も独身。それに対する寂しさを感じないと言えば、ウソになる。

でも…その寂しさを忘れさせてくれる存在こそ、お気に入りのK-POPグループだったのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
え? 結局久美子にマウントとられたから、影で悪口三昧みたいな…。
2022/06/17 05:1362返信8件
No Name
腹黒い女達の話? 気分悪いよ。
2022/06/17 05:3348返信6件
No Name
「だって久美子はさ、正社員で働きつつ結婚して子どももいる私には強く出られないでしょ。沙織と同じく、私の年収も1,000万円を超えているしね。  怖くて草
2022/06/17 05:4347返信3件
No Name
不動産投資も難しいと思うけど、資産を築く女とやらには造作もない事なんでしょうね。大学の同級生グループが性格の悪いグループなのはよく分かったし。
2022/06/17 05:1729返信4件
No Name
マンション購入しようと思っているなんて、人に宣言する必要ないと思う。買った後に事後報告でいいんじゃないの? 人によっては自慢とか思う場合もあるし、反対されたり面倒だから言わなければいいだけなのにねぇ。
2022/06/17 05:4522返信10件
もっと見る ( 90 件 )

【年収8ケタの女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo