年収8ケタの女 Vol.1

年収8ケタの女:年収2,500万の開業医。夫との冷え切った夫婦生活に絶望する女医は…

年収“8ケタ”(1,000万円以上)を稼ぐ女性たち。

給与所得者に限っていえば、年収8ケタを超える女性の給与所得者は1%ほど。(「令和2年分 民間給与実態統計調査」より)

彼女たちは仕事で大きなプレッシャーと戦いながらも、超高年収を稼ぐために努力を欠かすことはない。

だが、彼女たちもまた“女性としての悩み”を抱えながら、日々の生活を送っているのだ。

稼ぐ強さを持つ女性ゆえの悩みを、紐解いていこう――。


File1. 陽菜、年収2,500万円。女医が怯える夫の疑惑


「今日も仕事、忙しかったな」

35歳の陽菜は昨年、目黒区に耳鼻科を開業した。

目黒区は、東京23区の中でも世帯年収が高く、子育て世代も多いため、耳鼻科の需要は高いだろうと考えたのだ。

結婚・出産もして、念願の自分の医院を開き、その医院の近くに高級マンションも購入。

しっかりとした生活の基盤もできて、陽菜の人生は誰が見ても順風満帆だった。

「陽菜、女性もこれからの時代は自立しなきゃだめ。必ず手に職をつけて、何があっても自分の力で生きていけるようになりなさい」

この言葉は、陽菜が幼い頃からずっと両親に言われてきたものだ。

成績優秀だった陽菜は地元の高校を卒業後に上京し、東京医科歯科大学に進学。そして卒業後は、研修医から勤務医を経て、昨年、耳鼻科医院を開いた。

耳鼻科を選んだ理由は他の診療内科と違って、ある程度時間の融通が利き、ライフスタイルの変化が多い女性に有利だと考えたから。

実家は事業をしており恵まれた環境ではあったが、女の子だからと甘やかさず育ててくれた両親に、陽菜はずっと感謝の気持ちを持っていた。

だが…最近は少しだけ、その気持ちが揺らいでいた。

― 私、これで本当によかったのかな…。

そう思うことが増えていた。そう、たった1つのことを除いては…。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
康明要る?一緒にいてもストレスなだけじゃない!?
子供のためなのかな。
うちも私が夫より稼ぐけど、夫がそのことに卑屈になったらめんどくさいし、分かってて結婚したよね?と思う。
嫌なら転職してでも年収追いつく努力すれば?
浮気してる場合じゃないでしょ。
2022/06/10 05:1899+返信6件
No Name
こんな男、捨てなよ!
2022/06/10 05:2599+返信4件
No Name
これ、個人の年収で2500万円なんて金額を超えてるなら、康明いなくたって生活できるよね。

離婚した方が良いのでは…😥
2022/06/10 05:2599+返信1件
No Name
暗い話だしイライラする。まるでパーフェクトウーマンの続きを読んでるみたい。
2022/06/10 05:2543返信6件
No Name
なんで康明は陽菜と結婚したんだろう。格差からこうなるのは目に見えていたし。逆に卑屈にならない人もいるから、陽菜も見る目がなかったって事かな。
2022/06/10 05:2740返信1件
もっと見る ( 76 件 )

【年収8ケタの女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo