銀座を遊びつくせ! Vol.12

銀座1丁目から3丁目までで気軽で美味しい基本の名店11選

「銀座」で行きつけの店を作りたい、そう思い始めたらまずは銀座1丁目~3丁目がおすすめだ。

京橋の首都高高架下から、松屋銀座あたりまでのエリアは、銀座なのにリーズナブルで肩肘張らずに入れる良店がたくさん。

銀座だからもちろん上質で、しかも安くておいしいなんて、これは行かない手はない!

「仔羊のペルシャード風」(¥3,800コースのメインの一例)。香草パン粉をまぶして焼き上げた仔羊の背肉のロースト

最先端のパリを感じられる大人のためのネオビストロ『プティ オザミ』

正統派のフレンチを都内で多数展開するオザミ ワールドが、銀座1丁目に所有する地上10F地下2Fの自社ビルの1F〜4Fに、新たな店舗となる『プティ オザミ』を2015年にオープンした。

“大人のためのネオビストロ”をコンセプトに、料理やワインはもちろん、内装からスタッフのコスチュームにいたるまで、最先端のパリを意識して徹底的にこだわっている。

細い路地に面したテラス席にはパリの開放的な気分が漂い、吹き抜けを多用した明るい店内のそこかしこには、新たな発見が溢れている。

「ずわい蟹と帆立貝のタルタル トマトのクーリ」(¥3,800コースの前菜の一例)。見た目にも美しい、冷製仕立ての華やかなオードブルだ

平日昼間の時間帯には、¥1,200(税別)から手軽にランチメニューが楽しめるほか、昼下がりの銀座でゆっくりしたひとときを過ごしたい、というニーズにも応えるため、アルコールメニューも充実させる。

夜には旬の素材を生かしたオードブルとメインが6種類ほどから選べるディナーコースが、¥3,800(税別)というまさかの低価格で味わえ、お好みでスープやメインを追加注文できるというのも心憎い。

特筆すべきは、同ビルの地下2階を丸ごと使ったワインカーブ。なんと1万本以上のストックから数百種をリストアップするという。希望すれば案内してくれるそうなので、ぜひ!

元祖オムライス¥1,300。ご飯と卵が一体化しているのが特徴。賄いの食事からメニューに転じた

銀座洋食の歴史を作り続ける老舗店『煉瓦亭』

明治28年の創業で、洋食屋の草分けとして全国にその名を知られる『煉瓦亭』。

カツレツを生み、付け合わせにキャベツの千切りを添えたのもこの店の発案。ほかにも、ハヤシライスやオムライスなど、今では誰もが親しむようになったメニューの起源には必ず『煉瓦亭』の名が挙がる。

『煉瓦亭』といえばポークカツレツが有名だが、人気を二分するのが、もとは"まかない食"だったという元祖オムライス。健啖家として知られる池波正太郎はカツレツを食べ、日本酒やウイスキーを飲み、〆にオムライスをオーダーすることもあったとか。

ポークカツレツ¥1,300。天ぷらの技を応用し、たっぷりの油で揚げることを考案した逸品。文句なく旨い

新しい食文化の発祥地として、つねに時代の先端を走り続ける銀座。
長きにわたり多くの人々に愛されてきた美味が銀座の“今”を形作っている。

「カナダ産仔牛ハラミ肉のアミ焼きエシャロットソース」※仕入れ状況による

リーズナブルにフレンチとワインを
『パリのワイン食堂』

オードブル、メイン、デザートのコースが¥2,980から楽しめる店。驚きの価格に加え、オードブルとメインはそれぞれ10種類以上から選べるのも嬉しい。

ワインもリーズナブルで、かつリストには常時約60種類がそろっている。平日の1,000円日替わりランチも大人気だ。

アットホームな雰囲気の中で、パリそのままのフランス料理とワインをお得に楽しもう!

オードブルの定番「田舎風テリーヌサラダ添え」※仕入れ状況による

常ににぎわっている活気ある雰囲気も魅力だ

【銀座を遊びつくせ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo