新婚クライシス Vol.1

新婚クライシス:独身時代と、何も変わらぬ夫婦生活。“結婚願望のない男”を攻略した女の誤算

―大好きな吾郎くんが、私と結婚してくれたー

数々の苦難の末に、結婚願望のない男・吾郎との結婚に辿りついた英里。

結婚はゴールでないことなど、百も承知。

しかし、そんな二人を待ち受けていたのは、予想を上回る過酷な現実であった。

愛し合っていたはずの夫婦は、どのようにすれ違い、溝ができてしまったのか。

男女の価値観のズレ、見解の相違、そして、家庭外での誘惑...。

“新婚クライシス”を、二人は乗りこえることができるのか?


―結婚も、意外に悪くないな。

英里の作った朝食をとりながら、吾郎はしばしば、これまで結婚に否定的だったことを反省する。

出汁の効いた味噌汁と玉子焼きに、炊き立ての白飯、そして、干物なんかの一品おかず。

「朝は残り物とか、簡単なモノばかりだけど...」

英里は照れ笑いで謙遜するが、一般職とはいえ総合商社に勤めながら、こうして朝食を用意してくれるのは感心する。

旅館の朝食のようだと言えば褒めすぎだろうが、吾郎は毎朝健康的な食事が出されることに細やかな幸せを感じ、妻に深く感謝していた。

―まぁ、この俺が結婚を決めたんだから、当然といえば当然か...。

吾郎好みのタヌキ顔の英里は、相変わらず毎日可愛らしい笑顔を浮かべ、幸せそうである。何よりも、彼女は結婚後も吾郎の考えを尊重してくれる、一番の理解者であった。

その辺にたむろしている、単に結婚目当てのOLたちとは月とスッポンほどの差があるだろう。

“家庭”という安心感・幸せの意味を、行動をもって吾郎に教えてくれた英里。

妻への愛が日々深まっていくのを、吾郎はひしひしと実感せずにはいられなかった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
やっぱり、きんちゃんにしとくべきだったか…。。
2017/11/11 06:3299+返信7件
No Name
続編やったー!
と言いたいが、吾郎と英里の話は面白かっただけに、この続編がどうなるかなあ
面白くなって欲しいけど
続編といえば、崖っぷち結婚相談所の杏子のその後も気になります。
2017/11/11 06:3698返信4件
No Name
そもそも、無理して結婚してもらったんだから、これ位、仕方なくない?わたしは、朝ごはん作るの嫌なら、嫌と言える対等さが、結婚には欲しい。
2017/11/11 06:2192返信4件
No Name
健気な妻はワガママ旦那に振り回される。
弱気な夫はワガママ悪妻に振り回される。
ワガママな人間って、何故かそれを許してくれる人を犠牲にして生きてますよね。
2017/11/11 07:2661返信3件
No Name
妻が夫に対して「結婚してくれた」っていう、ある意で夫を上に感じる結婚をすると、確かにその先がつらそう。(逆に、夫が妻に対して「結婚してくれた」って感じる結婚なら逆に順調に進むケースが多いかも)
2017/11/11 07:0755返信2件
もっと見る ( 111 件 )

【新婚クライシス】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo