エリート亮介の嫁探し Vol.1

エリート亮介の嫁探し:“三高男”の半年間限定・婚活プロジェクトが、いざ始動!

エリートとはフランス語のéliteが由来で、「選び抜かれた人」という意味だ。

日本で言われる“エリート”とは、学歴が高く且つ年収の高い男性を指す場合が多い。

企業勤めの30代で年収1,000万を超えるのは上位1.5%、独身となると、さらに絞られる。

東京大学出身、ドイツにあるベンチャー企業を経て世界的IT企業のアメリカ本社への転職が決まっている亮介は、まさに世に言う“エリート”。

そんな亮介が、人生の伴侶として選ぶ相手とは、果たしてどんな女性なのか?


「亮介さんって、彼女いないんですか?」

亮介の隣にいた女性が、興味津々と言った様子で聞いてきた。今日は六本木の『オービカ モッツァレラバー』で食事会だった。

「うん、いないよ」

亮介がそう言うと、間髪入れずに幹事である崇が説明を加えた。

「こんなイケメンなのに不思議でしょ?」

身長182センチで彫の深い顔立ちをしている亮介と、小柄で凹凸のない顔立ちの崇は、正反対の見た目である。そして崇は、こう続けた。

「あのね、コイツ今までずっと海外勤務で、半年後にまたアメリカへ行っちゃうんだよ。だから日本にいる間に、結婚相手を見つけたいんだって」

崇がそこまで暴露すれば、亮介は苦笑する他なかった。

「それで俺は、こうやって出会いの場をセッティングしてるの。でも亮介っていい感じの子がいても、かなり慎重なんだよなぁ」

亮介は「そんなことないよ」と否定したが、崇が言っていることは概ね正しい。

たしかに、亮介はたとえ女性から好意を示されても、なかなかその先には進もうとしなかった。

亮介には女性に対する、あるトラウマがあったのだ。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo