人形町の女 Vol.3

人形町の女: 信じた私が馬鹿だったの?自分ではない女の香りで気づく、夫の嘘

結婚して家を買い、そして子どもを授かる。

今まで「幸せ」だと信じて疑わなかったもの。

しかしそれを信じて突き進んでいくことが、果たして幸せなのだろうか?

外資系化粧品会社でPRとして働く祐実、29歳。

これは東京でもがき苦しむ女性の、人形町を舞台にしたある物語―。

結婚生活3年目。水天宮へお参りに行き、子作りに励む祐実と純だったが、祐実は徐々に今の生活に疑問を持つようになる。


「祐実、もう寝ちゃった?」

純の問いかけに、祐実は思わず身を縮こませる。

その言葉に答えず寝たふりをしていると、純はベッドに入ってきて後ろからぎゅっと祐実を抱きしめた。

「……ん」

寝ぼけたふりをし、また目をつむる。

純は諦めたのか、5分もすると安らかな......


【人形町の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo