人形町の女 Vol.3

人形町の女: 信じた私が馬鹿だったの?自分ではない女の香りで気づく、夫の嘘

結婚して家を買い、そして子どもを授かる。

今まで「幸せ」だと信じて疑わなかったもの。

しかしそれを信じて突き進んでいくことが、果たして幸せなのだろうか?

外資系化粧品会社でPRとして働く祐実、29歳。

これは東京でもがき苦しむ女性の、人形町を舞台にしたある物語―。

結婚生活3年目。水天宮へお参りに行き、子作りに励む祐実と純だったが、祐実は徐々に今の生活に疑問を持つようになる。


「祐実、もう寝ちゃった?」

純の問いかけに、祐実は思わず身を縮こませる。

その言葉に答えず寝たふりをしていると、純はベッドに入ってきて後ろからぎゅっと祐実を抱きしめた。

「……ん」

寝ぼけたふりをし、また目をつむる。

純は諦めたのか、5分もすると安らかな寝息を立てた。祐実はそれを確認し、起こさぬようこっそりベッドから抜けだした。

このマンションに二つある洋室の一部屋は物置部屋となっているが、そこには祐実が幼いころから集めている、たくさんの化粧品が置いてある。

すっかり目が冴えてしまった祐実は、その物置部屋に逃げ込んだ。眠れないときはこうして、今まで集めてきた化粧品の数々をじっくり見るのが常だった。

自社製品ではないが、昔からジル・スチュアートのリップが大好きで、新色が出るたびに買っている。洋服はシンプルな感じが好きなのに、なぜか化粧品だけは別で、いつもの自分とは違う女の子らしいものが欲しくなるのだ。

ジュエリーのように繊細に造り込まれた容器に入った、うっとりするほど艶やかなリップは、母親の口紅をこっそり使っていた幼い頃の背徳感を思い出す。


「子供はね、本当に可愛いわよ。早く作ったほうがいいわ」


今日は、久しぶりに大学時代の友人、加奈子と沙希と会っていた。

加奈子に子供が生まれてからは専ら昼間に集まっていたが、今日は「実家から両親が来ているから思う存分羽を伸ばせる」と加奈子たっての希望で、ディナーの約束をした。

「子供は早く作ったほうがいいわ」という加奈子の言葉に、子供を持つことに漠然とした不安がある祐実は、心からうなずくことはできなかった。

【人形町の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo