部屋見るオンナ Vol.7

部屋見るオンナ:地方出身者に与えた既視感。「東京感」が薄い街・錦糸町

あなたが東京で住みたい街は、どこですか?

なりたい自分に近付ける街、等身大の自分を受け入れてくれる街、お気に入りのレストランがある街。そう、街選びの基準は人それぞれ。

広告代理店に勤務するサトコ(32歳)は、一体どこに辿り着くのか。

その行く末をご覧いただこう。

同棲を解消して部屋探しを余儀なくされたサトコは、友人から紹介された石神という不動産屋に会い、まずは目黒の物件を見に行ったものの、石神の失礼な態度に腹を立てた。

次に白金高輪東銀座清澄白河へ行ったり、偶然再会した孝太郎の住む街自由が丘を訪れた。さて、今回は……?


初めて訪れる街で感じた、既視感


「ちょっと、ここは違うかなぁ……」

マンションの前で遠慮がちに言うサトコを、石神は表情を変えずにじろりと見た。

「まあ、せっかくですから中を見ましょう」

石神にいつもの口調で言われ、サトコは「そうですよね」と小さく呟き、マンションへ足を踏み入れた。

今日案内されたのは、錦糸町駅の北口から徒歩7分。2月に完成したばかりの新築だ。

新築だけあり、水回りも設備もピカピカで、まさに新生活を始めるにふさわしい部屋ではある。

だがサトコは、初めて訪れた錦糸町という街で、自分がここに住んでいるイメージを膨らませることができなかった。

―錦糸町。

最初に石神から提案された時は、それがどこの区に属するのか、電車はどの線が通っているのかすら検討がつかなかった。

「今までいくつかの街を見てきましたが、ここで一度趣向を変えてみませんか」

石神にそう言われてなんとなく来てみたものの、サトコは駅からマンションまでの7分の道のりで、ある思いを募らせていったのだった。

【部屋見るオンナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo