先週のアクセスランキング!1位は「え?こんなに飲み方があったの!?ウイスキーの美味しい8つの飲み方 」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“ウイスキーの美味しい8つの飲み方”に“慶應内格差”から“25時の表参道”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
え?こんなに飲み方があったの!?ウイスキーの美味しい8つの飲み方

昨今大盛り上がりのウイスキー。となればウチでも飲みたいと思うのが人情だ。でも実際、どのウイスキーを選んで、どう飲めばいいかは分からない…。

そこで今回は、個性も多彩なウイスキーを、各々に適した飲み方で楽しむ方法をプロに教わった。面倒な手間は一切不要。さぁ、今宵は最高の一杯で乾杯と行こう!

続きはこちら

★第2位
結婚ゴールの真実:妻への生活費を渋る商社マン。駐妻が直面した、ケチ夫の貧困恐怖

「旦那が生活費をくれないときって、どうしたら良いんですか?」

何度も言うが、吾郎は企業弁護士だ。こういった案件は専門外ではあるが、この種の相談は非常に多い。

「私、今、貯金を切り崩して生活しているんです。」

精気のない表情で、そう切り出した理恵子の話は、思ったよりも深刻なものだった。

続きはこちら

★第3位
慶應内格差:慶應女子出身派手女、マイペース系SFCの地味女に、結婚戦争で敗北?

佐藤リサ。SFC内部のマイペース系。父親はメガバンクの役員。小さい時はニューヨークや香港、ロンドン等金融が盛んな地を転々とする転勤族だった。帰国後は、都会の喧騒から離れたいという母の希望で湘南に。

リサは家の近くにあるという単純な理由でSFCに入った。

顔は中の上。笑顔が眩しく、性格の良さがにじみ出るような愛くるしさ。太すぎず痩せすぎずな健康的な体型。10人が見たら4人は食事に誘う、そういう”手頃感”のある女だった。

続きはこちら

★第4位
『酒場放浪記』吉田類が飲みまくっててもスタイルが変わらない理由は、○○を鍛えているから!?

一緒に飲んだ人、そしてテレビを観る人皆を、なんだか幸せな気分にしてくれる〝偉大なる酔っ払い〞吉田類。酒場を愛する粋な詩人の目線で、基本はおおらかに、時に厳しく、混迷する日本や世界情勢について語ります!

今回は類さん流プロポーションKEEP術と、理不尽なクレーム事情について聞きました。(やはり酒を片手に)

続きはこちら

★第5位
25時の表参道:叶わない恋ならば、いっそ忘れたい。可憐で危険な、人妻からの誘惑

「ねぇフミヤ君。手つないでもいい?」

11月中旬の金曜日。南青山五丁目の交差点で、静香さんは悪いことを企んでいる子供のような顔で、僕に問いかけた。

その日は西麻布で開かれた会社の歓送迎会の帰り。気付けば2人で骨董通りを歩いて青山の方まで来ていた。

続きはこちら


東カレアプリダウンロードはこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ