崖っぷち結婚相談所 Vol.16

崖っぷち結婚相談所:女心に混乱を誘う、浮気男の言い訳。修羅場で垣間見える、男のズルさ

典型的な結婚できない女、杏子、32歳。

慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2,000万円を優に超える。

美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。

婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受け、少しずつ男女のノウハウを学んでいく。

そして2回目のマッチング相手・正木イイ感じになったと思いきや、まさかの大失恋。杏子は傷心の折、元彼の知樹とヨリを戻すことに。しかし、同期のモテ女・由香の口から、知樹の悪評を知り...?!


ドス黒く渦巻く男への憎悪と、Bランク女の世界の実感


―ねぇ、私たちって、ヨリを戻したんだよね?―

杏子は、知樹に思い切ってラインを送信したが、すでに3時間ほど、既読スルーされていた。

「知樹にしてやられた」という怒りが、杏子の心の中で、沸々とドス黒く煮えたぎる。

―まさか、この私が、騙されるなんて...!

杏子はどちらかと言うと、美人で仕事もデキ過ぎて隙がなく、「近寄り難い美女」と位置づけられてきたはずだ。

よって、大衆的に「モテ」はしなくても、少なくとも「人」としては尊敬されており、身体を目的に寄って来る男など、ほとんどいなかったと言って良い。

相当なVIPレベルの年上の男にやんわりと愛人の誘いを受けたことはあれど、同年代の男なんぞに軽く見られるなど、初めての経験だった。

―これが、市場価値Bランク女の世界だってこと...?

不本意ながらも、杏子はそう実感せずにはいられなかった。

【崖っぷち結婚相談所】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ