美女ドライブ Vol.4

41歳独身貴族と24歳美人看護師の銀座ドライブ。デート中に遭遇した、会ってはいけない人とは

高級車と美女。

コインの表裏のように互いに無くしては語れない極上のコンビネーションは、いつの時代も我々の心を掴んで離さない。

車中で東京の男たちが織りなす、魅惑の美女たちとの今宵の駆け引き。これまで、ランボルギーニオーナーの金曜深夜、BMWオーナーのビタースイートな関係、元カノとの横浜でのドライブデートが忘れられないフェラーリオーナーの話をお送りした。

今週のEpisode 4は……41歳、美容クリニック経営のドクターの、アヴァンチュールなドライブデート


「トオル、私って女として魅力ないのかな?」

赤坂のバー『さち』のカウンターで、トオルと仲間たちは恋愛話に花を咲かせていた。平日や土日に関係なく、トオルはこうして行きつけのバーカウンターで職業や年齢に関係なく作った『独身会』の仲間を連れ、たわいもない話をするのが習慣になっている。

長年の友人である美人医師の加奈子は、ファンデーションの崩れた顔で横でぶつぶつと呟いている。付き合って半年になる同い年の男が、結婚は考えられないと加奈子に別れを切りだし、挙句の果てに一回り年下の女のもとへ行ったらしい。

トオルは都内で美容クリニックを経営しており、今年42歳になる。結婚は、今はしていない。20代後半の時、1年の交際期間を経て電撃結婚するも、たったの2年で結婚生活にピリオドを打った。

所謂、「性格の不一致」とトオルの「不徳の致すところ」だ。友人よりも一足先に離婚を経験し、「結婚生活は自由を制限される鎖のようなもの」というイメージが頭を離れない。


出会いの分だけ理想だけは高くなっていき、最近ではこのまま独身貴族になってしまいそうな予感がしている。最近の口癖は、「いい子がいれば結婚したい」。

トオルが目当てで通院する女性も数知れず、「41歳独身のドクター」というキャッチフレーズだけでも引きはあるのに、クルーザー遊びで焼けた肌に、長年のジム通いの賜物である均整のとれた身体は、年齢を感じさない男臭さを放っていた。40を過ぎてから男の貫録が出てきたのか、トオルの市場価値が下がることも、デート相手に困ることもない。

「お前、飲みすぎだぞ。」そういってトオルは加奈子の手からグラスを取り上げると、残りのウィスキーを一気に飲み干した。

「男は結局、若い女が好きなのよ。」と言い放つ加奈子を否定することは出来ず、トオルは逃げるように席を立った。

【美女ドライブ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ