恋愛低体温女子 written by 内埜さくら Vol.7

いよいよ明日で最終話!「恋愛低体温女子」全話総集編

「コミュニケーション能力に長けた恋愛上手のほうが恋愛下手より仕事ができる可能性が高い」

こんな説は大嘘だ。恋愛下手だって仕事ができる人間はいる。

念願だったアパレルのプレスになった神崎真理子(29)は、自ら人を好きになった経験が乏しい、自他共に認める“恋愛低体温女子”。

恋愛上手が勝ち組だとは思わない彼女は、このまま人生のコマを進めて“幸せ”になれるのだろうか?現代の女性が持つ悩みを真理子を通じて体感してほしい。

「恋愛低体温女子」一挙に全話おさらい!

第1話:自他共に認める“恋愛低体温女子”が、ある男性にドキッとしてしまった理由

「いつも厳しくてごめんな。それ、俺からの差し入れ。神崎、社外の評判いいぞ。みんな『感じがいい』と言ってる。誰からも好印象を持たれるのはプレスに欠かせない才能だ。才能あるよ、神崎は。だから一緒に『鬼に金棒』の“金棒”を作り上げていこうな」

――え……こんなに優しくされたの初めてなんで......


【恋愛低体温女子 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo