目黒女子 Vol.5

目黒女子:身の丈に合った暮らしをする素敵女子。出会いはお食事会よりフェスなどの趣味から始まる

人間は環境に馴染む後天的な生き物。住む街が、人を変え、そして人を作ることもある。

今回は“目黒”に住む「目黒女子」を取り上げる。「目黒女子」とは目黒区全域ではなく、目黒駅周辺に暮らす女性たちのことだ。今、東京恋愛市場では彼女たちの株価がじわじわと上がっている説も耳にする。

彼女たちはバランス感覚に優れ、都会で上手く生きていくことを知っている。目黒に対しての男性からの好印象を理解し、アクセスの良さを駆使して上手に遊ぶ。そんな賢さも持っている。

初回は目黒女子についての定義を提唱し、身心共に健康で美しくなった佐奈やパーティーガールから卒業し、結婚した理香子、そして目黒に実家がある優子を紹介してきた。

今週の目黒女子は?


<今週の目黒女子>

名前:由奈
年齢:29歳
職業:音楽関連会社勤務
出身:大分県
趣味:フェス巡り
出没地:行人坂

東京での身の丈に合った暮らしができる場所


「私の話で大丈夫なのか少し心配ですが、目黒が大好きなので。」

そう言いながら微笑む由奈は、正に「透明感」という言葉がぴったりな、清潔感があって可愛らしい女性だった。待ち合わせ場所に由奈が現われた瞬間、周りの空気がふんわりとした。

大分県出身で、仕事の転勤で6年前に上京。最初は祐天寺に住み、その後は恵比寿に住んでいたという。賃貸の2年更新と共に引っ越しをしてきたが、遂に今年、念願の目黒に引っ越して来た。

「元々目黒という場所に憧れがあって。恵比寿も良かったのですが、私には早いというか、まだ違うなと。そして街の真ん中に住んでいる気がして合わなくて。目黒の落ち着いていて、生活感がある雰囲気が大好きです。」

恵比寿に憧れを持つ女子も多いようだが、由奈は目黒の方が好きだという。

「恵比寿や白金、広尾なども好きですが、生活するにはスーパーもあまりないし、あったとしても物価が高くて... もう少し余裕ができてからで良いかなと(笑)。今の私には、自分の身の丈に合った暮らしができる目黒が最高で最適です。」

無駄に見栄を張らず、自分をしっかり持っている由奈。
生活力もありながら、誠実さもある 。

「平日は自炊がメインなのでスーパーはマスト。目黒には働く女子には嬉しい24時間営業の『マルエツ』や深夜12時まで営業している『まいばすけっと』など、仕事帰りでも寄れる所が多いので助かります。平日の夜も静かだし、都会の中心なのに喧騒から離れているのが良いですよね。」

広告関係の仕事をしている由奈は、平日の夜は飲み歩くよりも自宅でゆっくりと家で過ごしたいそうだ。勿論平日でもご飯を食べに行くことはあるが、目黒に帰ってくると安心感があり、オンとオフの切り替えが非常にし易いという。

そんな由奈は現在付き合いたいての彼氏がいる。
その出会いは所謂ギラギラ系女子とは一線を画していた。

【目黒女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ