目黒女子 Vol.2

目黒女子:東京的な欲求の半歩先に。心身共に健康で美しい女子が形成されるエリア

人間は環境に馴染む後天的な生き物。住む街が、人を変え、そして人を作ることもある。

今回は“目黒”に住む「目黒女子」を取り上げる。「目黒女子」とは目黒区全域ではなく、目黒駅周辺に暮らす女性たちのことだ。今、東京恋愛市場では彼女たちの株価がじわじわと上がっている説も耳にする。

彼女たちはバランス感覚に優れ、都会で上手く生きていくことを知っている。目黒に対しての男性からの好印象を理解し、アクセスの良さを駆使して上手に遊ぶ。そんな賢さも持っている。

初回は、目黒女子についての定義を提唱した。今回からは具体的に目黒女子の素顔に迫っていく。


<今週の目黒女子>
名前:佐奈
年齢:31歳
職業:元・タレント / 現在・ピラティスインストラクター
出身:北海道
趣味:アシュタンガヨガ
出没地:Natural House、成城石井

心も身体もボロボロだった20代


「ピラティス帰りなので、すっぴんですみません… 」

そう言ってはにかみながら笑顔を見せる佐奈は、細い中にしなやかな筋肉が見え隠れする、女性でも思わず見とれてしまうようなバランスの取れた身体をしていた。

すっぴんとは言え、健康的な肌質。大きな目は、化粧をしていなくても存在感がある。健康美人という言葉がぴったり当てはまる佐奈だが、昔は全く違う雰囲気だったと言う。

「毎日朝までお食事会という名目で飲み歩き、仕事のストレスも溜まる一方で精神状態も肌もボロボロ。本当にひどい顔していましたね(笑) 」

今の佐奈からは全くそんな気配は感じない。

「当時周りにいたのは芸能系や経営者系ばかり。私自身も周りもギラギラしていました。28歳になった時、そんな自分の生活にも東京生活にも嫌気がさして。先の見えない仕事も辞めて、実家の北海道にいつ帰ろうかと毎日考えていました。」

そんな彼女がどうやって、今の心穏やかで身体の芯から美しい女性になったのだろうか?

「30歳になるまで、あと2年間だけ頑張ろうと決めて目黒に引っ越して来ました。でも、完全に華やかな東京生活を捨てきれた訳ではなくて(笑)。付き合いも保ちつつ、適度な距離感が保てる目黒に惹かれたんです。 」

そんな彼女は、目黒に来て生活が激変したと言う。それは目黒という土地柄が大きく関係しているそうだ。

【目黒女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ