東洋経済・東京鉄道事情 Vol.18

何度行っても訳がわからない、都会のダンジョン新宿駅で絶対に迷わない方法を伝授

東西自由連絡通路は新南改札エリアのライバルとなるか

北連絡通路は現在工事中である。果たしてどんな工事が行われているのか。それはオリンピックに向けて、北連絡通路を東西が自由に行き来できる連絡通路に変えようとしているという。

そうなれば、それこそ切符無しでこの地下連絡通路を使って東西を渡ることができるのである。現在JR新宿駅は東西の文化を隔てる大きな壁となっているが、この東西自由連絡通路ができれば東西の文化の交流が生まれ、新たな新宿が生まれるに違いない。

さらに北連絡通路の南側には並行した地下通路がある。それは中央東口と中央西口を結ぶ中央連絡通路である。その2つの連絡通路の間を商業スペースにする計画もあるようだ。

ちょうど東京駅のコンコースを想像していただきたい。まさしくエキナカがJR新宿駅の地下にお目見えするのである。その面積は図を見ていただければかなり広いのはお分かりだろう。

2つのエキナカができれば当然JR新宿駅内競争が起きる。よい方向に転んだその競争によって、相乗効果で新宿駅構内がよりよくなってくれることを願いたい。

なお、中央連絡通路の中央東口と中央西口については、東口と西口と紛らわしいため間違える人が後を絶たない、JR新宿駅の悪名高きネーミングである。

今回の新南改札エリアのオープンにあたり、これまで新南口と言われていたネーミングを新南改札と「口」から「改札」へと大きく変えた。ちなみに「甲州街道改札」と「ミライナタワー改札」と他の二つも「口」でなく「改札」である。甲州街道をまたげば「南口」、「東南口」と「口」である。これも「中央東口」「中央西口」と「東口」「西口」での痛い経験からの知恵からであろうか。

なぜ南口に対して新南改札なの?とか言わず、そんなちょっとした工夫によって新宿駅で迷われる方がひとりでも減ることを願っている。 

著者
田村 圭介 :一級建築士・昭和女子大学環境デザイン学科准教授

<関連記事(東洋経済オンライン)>

世界一の大混雑!「新宿駅のバグ」を読み解く

高島屋、万年劣等生の新宿店は飛躍できるか

なぜ東京に「巨大なバスターミナル」が必要か



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

【東洋経済・東京鉄道事情】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo