学歴カレンダー Vol.14

学歴カレンダー:夏目漱石のあの台詞から始まった、早稲田出身の文学青年との儚く散った恋

神奈川県の公立高校から、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、丸の内の大手人材会社に勤める絵理奈(29)。周りの友人たちは“恋愛対象になるのは最低でも早慶レベル"と口を揃え、様々な学歴の男とのデートを試みる。

様々な大学出身の男性とデートしてきた。最近では、42歳の「元」慶應ボーイ・芹沢やコスパ重視の一橋卒・淳一郎との恋にも破れた。その後同志社卒の裕太と出会う。しかし、彼が想いを寄せるのは絵理奈の親友・美和子だった。

絵理奈はそんな裕太との中途半端な関係を清算し、学習院卒の亮介と意気投合したが、彼の煮え切らない態度にしびれを切らしてしまう。そして、ついに運命の相手に出会ったと思った絵理奈だったが……?


29歳。結婚して落ち着くか、1人の時間を謳歌し始めるかの分岐点


何度かデートした学習院卒の亮介との関係が終わってから、また1人で過ごす週末が始まった。ステディの相手がいた時には考えられないことだったが、今は1人の方が楽しいと思うほどにその時間が充実していた。

週末は早起きをして朝食を食べに出かけることにはまっていた。代々木公園近くの『365......


【学歴カレンダー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo