学歴カレンダー Vol.1

学歴カレンダー:慶応女子と早稲田男子のファーストデート。『やさい家めい』は正解か!?


東京での恋愛。三低がウケる時代になったとはいえ、未だにスペックを無視できない人は少なくないだろう。女性が選ぶ男性は、高収入、高身長、そして、高学歴……? 揃っているに、越したことはない。

なかでも、高学歴の女性にとって、相手の男性の学歴が全く気にならないといえば嘘になる。

神奈川県の公立高校から、慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、丸の内の大手人材会社に勤める絵理奈は28歳。高校時代から10年間付き合った、明治大学卒で電機メーカーに勤める元カレからの「40万円程度の婚約指輪」によるプロポーズを受け、自分が求める世界との違和感を埋められずに、その申し出を断った。

彼女の周りの友人も、“恋愛対象になるのは最低でも早慶レベル”と口を揃える。

絵理奈が様々な学歴の男性とデートを重ね、学歴と恋愛、結婚の相関関係を検証していく。


ホームパーティで出会った、早稲田政経卒のラガーマン。


「ホームパーティー?」

3月のとある日、早稲田出身の男友だちから連絡があった。早稲田出身の男と出会う機会は意外に少ない。周りの友達の多くは慶應出身だし、合コンでも相手は慶應卒が多い。

早稲田男子は垢抜けない、と嫌がる女友達もいる。しかし、バンカラで男らしい雰囲気があるので......


【学歴カレンダー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo