ポン女 Vol.4

高級ブランド品を男に買うだけ買わせて、キス止まり。貢がれる女の手腕とは

あえて飲まない“ソバーキュリアス”が流行っている今。

でもやっぱりシャンパンが好き!

港区界隈に夜の帷が下りる頃、あちこちで「ポン!」と軽快な音を立ててシャンパンが開く。

そこに突如として現れる美麗な1人の女がいる。

彼女の名は、天堂麗香。人呼んで「ポン女」。

港区とシャンパンをこよなく愛し、この地の治安と経済の発展のために生きる伝説の女。

今夜、港区のどこかでシャンパンを開栓してみたら、わかるはず!

きっと、彼女は現れる…。

◆これまでのあらすじ

クリニックの仕事にすっかり慣れた菜々子。昼間はクリニックの雑用、夜はパーティーと忙しい毎日を送っている。ある日、麗香の元に駆け出しの女優、アサヒが助けを求めてやってきた。麗香の機転により、アサヒは何事もなかったが…。

▶前回:“東京アメリカンクラブ”でのパーティーに潜入したら、業界人がずらり!そこで驚愕の裏事情を知り…


Vol.4 貢がれる女の苦悩


「じゃあ、アサヒのドラマ主演を祝して、カンパーイ!」

六本木の『マーサーブランチ』で、麗香が細かな気泡が立ち上るシャンパングラスを掲げる。

今日は「新商品のギフティングに行くから来て」と麗香に言われ、菜々子は付いてきた。

ギフティングの相手は、先日麗香に助けを求めてきたアサヒとモデルのキイナだ。

― ていうか、2人とも綺麗すぎるでしょ…。

シャンパンにも劣らない、眩いばかりのキラキラオーラに、立ち眩みしそうになる。店内の他の客も、菜々子たちのテーブルに視線を送っていた。

「じゃあ、2人にこれ、クリスマスプレゼント。私が開発したボディークリームなの。よかったら使ってみて」

麗香が小さな紙袋を手渡す。

中にはボディークリームの他に、リップクリームやハンドクリームなどの保湿アイテムも入れ、ゴールドのリボンをあしらってギフトにした。

「これから寒くなると肌が乾燥するから、たっぷり使ってね」

「嬉しい!麗香さん、いつもありがとうございます」

2人が口々にお礼を言う。

麗香は「よかったらインスタやYouTubeで紹介して」なんて野暮なことを言わない。ただギフトするだけ。

だが、麗香に心酔している彼女たちは、頼まれなくともSNSに何度もアップしてくれるのだ。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
近所の若干アル中気味の世話好きなおばちゃんのお話ってことでいいのかな、コレ。
2022/11/24 05:2760返信1件
No Name
壮介はキイナと別れたくて、相談した麗香の助言でクリスマスにエンゲージリング買いに行こうと言ったのか? 
すごいモヤモヤする。
2022/11/24 05:2450返信2件
No Name
鳩仲に全くときめかないなら、ハワイに行っても同じじゃないかなぁ?お金のために我慢して付き合い始めるんだ?
2022/11/24 05:5741返信1件
もっと見る ( 10 件 )

【ポン女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo