いつの間にか、Around40 Vol.2

「あなた、最後にナンパされたのいつ?」親友の問いに言葉を失った、キャリアもお金もある39歳女

いつの間にかアラフォーになっていた私。

後悔はしていないけど、なにかが違う。

自分とは違う境遇の他人を見て、そう感じることが増えてきた。

キャリアや幸せな結婚を手に入れるために、捨てたのは何だっただろう。

私のこれからって、どうなっていくんだろう。

これは揺れ動き、葛藤するアラフォー女子たちの物語。

◆これまでのあらすじ

親友・園子と小さな会社を経営している聖良は、アラフォー、独身。仕事はうまくいってるし、マンションも買った。順風満帆のはず…だが、ある日突然、園子が結婚するから会社を辞めたいと言い出した。

▶前回:親友の結婚報告に戸惑って…。素直に喜べぬアラフォー女へ痛恨の一言


「現実より夢を追っていた女」【後編】


名前:叶野 聖良
年齢:39歳
職業:会社経営
趣味:乗馬

『ヨヨナム』での食事もそこそこに園子と別れ、私はどうやって自宅に戻ってきたのかも思い出せないほど、動揺していた。

退職したいという園子の気持ちは固く、私の必死の説得にはまったく聞く耳を持たなかった。

「私、結婚したいの。お付き合いしている彼とは、人生最後の恋愛だと思って、一緒にいる時間を大切にしてきたの」

あの時彼女が言った言葉が繰り返し、繰り返し脳裏に蘇り、気がつくと寝室のベッドに倒れこんでいた。

園子の退職はショックだったが、それ以上に「人生最後の恋愛」というフレーズに、私は瞬間的に囚われてしまったのだ。

― 人生最後の恋愛か…。

一つ大きく息を吸って吐くと、私は園子との食事中の会話を思い返した。

「私たちの夢は、会社を大きくすることじゃなかったの?」

私の問いに園子は淡々と言った。

「会社大きくしたいなら、若い子育てなよ。私だって、いつまでも休日深夜関係なく仕事できないよ。聖良だってそうでしょ?」

「会社が大きくなれば、今よりだいぶ楽になるってば」

私は仕事でも恋愛でも迷った時は勘に任せるタイプ。一方、園子は理由がないと動かないし、動くためには調べること、考えることに手を抜かない。

「それいつ?ねえ、聖良。あなた5年後、10年後何やってるか考えたことある?」

そう、聖良は何事においても計画的なのだ。だから仕事のパートナーとしては最適だと思ってきた。

「あるよ。きっと同じように仕事をして、休みの日には馬に乗って、自分の時間を大切に生きていると思う。今と大して変わらないんじゃないかなぁ」

園子が私から離れようとしていることへの焦燥感を悟られないように、私は言葉を選んだ。

そして取り繕うように「結婚はいますぐじゃなくていいと思ってる。したくなったらすると思うわ」となんとなく言葉を付け足した。

それを聞いた園子は、小さくため息をつく。

【いつの間にか、Around40】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo