私の年下くん Vol.6

ソファでキスくらいは覚悟していたのに。男がすぐに帰って悶々とした女は…

女にとって、経験豊富な年上男性は魅力的に映る。

だが、その魅力ゆえこだわりの強いタイプが多く、女は年を重ねていくうちに気づくのだ。

― 頑張って彼に合わせるの、もうしんどい…。

年上ばかり選んできた女が、自然体でいられる相手は一体どんなタイプの男なのだろうか?

これは、アラサー独身女がこれまでの恋愛観をアップデートする物語。

◆これまでのあらすじ

12歳年下のプロサッカー選手・颯と付き合い始めた多佳子。NYから帰国した男友達・一樹と2人で食事に行くが、そのことで颯が不機嫌となる。多佳子と颯は電話で無事仲直りするが、彼から「部屋に行ってもいい?」と提案されて…。

▶前回:「LINEが既読にならないから…」年下彼氏の子どもっぽい対応に、年上彼女が思ったコト


Vol.6 気がつけば、彼のことを考えてばかり


颯との通話中、彼の話す声の向こうからゆったりとしたヒーリング系の音楽が聞こえてくる。

「颯くん、何聞いてるの?」

「部屋に行ってもいい?」という、彼の予期せぬ言葉に驚いた私は、聞きなれない音楽に乗じて話をそらすことを試みた。

「あ、これ?試合の後って、神経が高ぶってなかなか眠れないんだ。だから、こういうリラックス系の音楽を聞くんだよ…って、それはいいよ!次のオフ、明日なんだけど?」

だが、颯にはごまかしや逃げは通用しないようで、あっけなく話を戻されてしまった。

「あ、明日!?急だね、ちょっと予定を確認してからLINEする!とりあえず、一旦切るね」

「わかった、LINE待ってる」

まくしたてるような口調で慌てて電話を切ったのは、動揺を悟られないためだ。

― あー、焦った!だって、部屋に来るってことは…そういうこと…だよね?

私も明日は休みで、これといった予定はない。

颯と一歩踏み込んだ関係になることが、嫌なわけでもない。

それなのに、私は二つ返事でOKできなかったのだ。

【私の年下くん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo