抱かれた夜、抱かれなかった夜 Vol.2

西新宿のタワマンに住んでいるのに、毎回デートでホテルを取る彼氏。友人から「怪しい」と諭されて…

これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。

デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。

女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。

実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。

彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?

▶前回:27歳OLが、付き合う前の男の部屋で「一夜を明かす」と決めたワケ


ケース2:抱かれるかどうかを3つの質問で決める女・夏野葉子(27)


「ねぇ。私のこと、好き?」

西新宿にある、高層ホテルの一室。そのベッドの上で彼の腕に抱かれながら、私はつぶやいた。

「うん。誰よりも愛してるよ」

髪を撫でながらそう言う聖司の言葉に、満足した私はニッコリ微笑む。

付き合って3ヶ月ほどになる彼は、6つ上の33歳。新宿区の大学病院に勤める、整形外科医だ。

「ずっと一緒にいてくれる?」

「もちろん、ずっと一緒にいるよ」

「…結婚してくれる?」

「俺も結婚したいと思ってるよ」

この3つの質問に即答できる男は、ほとんどいない。大概の男は目を宙に泳がせながら口ごもり、適当にごまかすからだ。

そんな男たちに抱かれたいなんて思わない。私だって今年、28になるのだ。不毛な恋愛をしている暇はない。

結婚適齢期の女が男に求めるのは、未来を約束してくれる言葉なのだから。

聖司の腕に抱かれながら、私は1年前のことを思い出していた。未来を約束してくれなかった元カレ・拓也のことを。

【抱かれた夜、抱かれなかった夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo