抱かれた夜、抱かれなかった夜 Vol.1

抱かれた夜、抱かれなかった夜:27歳OLが、付き合う前の男の部屋で「一夜を明かす」と決めたワケ

これは男と女の思惑が交差する、ある夜の物語だ。

デートの後、男の誘いに乗って一夜を共にした日。一方で、あえて抱かれなかった夜。

女たちはなぜ、その決断に至ったのだろうか。

実は男の前で“従順なフリ”をしていても、腹の底では全く別のことを考えているのだ。

彼女たちは今日も「こうやって口説かれ、抱かれたい…」と思いを巡らせていて…?


ケース1:男の部屋に行かない女・広瀬藍実(27)


「そういえば、藍実ちゃんって映画好き?」

23時、神楽坂のバー。今日で3回目のデートになる男が、ワイングラスを手に微笑んでいる。

「映画、好きですよ」

私は作り笑いを浮かべ、心の中で思う。

― 映画嫌いな人って、いるの?

「俺も好きなんだよね。最近よかった映画とか、ある?」

彼はまだ、私の職業を知らない。実は、大手映画配給会社の宣伝部で働いている私。仕事とプライベートあわせて、年間100本以上の作品を見ている。

私があえて最近ヒットした邦画のタイトルを挙げると、彼は「俺も見た!」と、身を乗り出した。彼が大して映画好きではないことがわかる。

「うち、リビングがシアタールームになってるんだよね」

経験上、わかっている。デート終盤に聞かれる「映画、好き?」という質問の後は…。

「これから、うちで映画でも見ない?」

― ほら、やっぱりね。

こういうセリフはすべて「今夜、君と身体を重ねたい」という意味なのだ。

【抱かれた夜、抱かれなかった夜】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo