籠のなかの妻 Vol.10

「この人と一緒にいるのが恐ろしい…」コロナでも看病するのが当然という夫を前に、妻はある決心をする

夫は、こんな人だった―?

周りに相談しても、誰も信じてくれない。子どもと一緒に夫の機嫌を伺う日々…。

最近、こんなモラハラ夫に悩む妻が増えている。

有能で高収入な男性ほど、他人を支配しようとする傾向が強い。

優衣(32)も、経営者の夫が突然マンションを買った日から、徐々に自由を失っていく。

広告代理店ウーマンから、高級マンションという“籠”で飼い殺される専業主婦へ。

彼女が夫から逃げ出せる日はくるのだろうか―?

◆これまでのあらすじ

東山から会社での夫の様子を聞いた優衣。そして彼は雄二のやってることは「モラハラ」だと断言した。優衣は自分の置かれた状況もようやく理解できた。離婚したい、でも…。

▶前回:若くしてビジネスを成功させた30代の若手社長。社員が語る、彼の本当の姿は恐ろしいものだった…


「あくまで僕が思ったことですが。離婚は一筋縄ではいかないんじゃないでしょうか」

東山の言葉に、優衣は思わず聞き返した。

「それはどういう理由で?」

彼は少しの間じっと考えたあと、慎重に言葉を選びつつ優衣の問いに答えた。

「当人同士の話し合いではうまくいかないよ......


【籠のなかの妻】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo