採れたて! 初夏野菜のニューウェーブ料理 Vol.1

テンプラ コンドウ

てんぷら 近藤

西洋野菜も天ぷらに
職人の技が新たな味を生む

手前から時計廻りに ズッキーニ ¥525 谷中生姜 ¥525 おくら ¥420

北は北海道、南は沖縄まで。店主の近藤文夫氏は、全国の産地に直接赴き、その時期、最も美味しい状態の素材が手に入るよう労を惜しまない。そうして出会ったものであれば、天ぷらには珍しい西洋野菜もすすんで扱う。その理由は「どこにもない天ぷらを揚げたい。だからどんな野菜でも探究心をもって、とにかく揚げてみる」と、実にシンプルだ。

近藤氏がこだわるのは、野菜の瑞々しさをしっかりと残すこと。油の温度を一定に保つことにより、余分な油が素材に移らず、まるでもぎたての新鮮さを感じさせる。夏野菜の旨さは、ミシュランの星を持つそんな職人の技により真価を発揮するのだ。

右.油の気泡や長年の経験から最適な揚げ時間を見極める 左上.全国から取り寄せた野菜。高知のミョウガ、千葉のいんげんなど。時期によって産地は変わる


東カレアプリダウンロードはこちら >

【採れたて! 初夏野菜のニューウェーブ料理】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ