恋愛クラッシャーな女たち Vol.5

デートの店選びがイマイチな年下彼氏。見かねた34歳女は、スマホの画面に“あるモノ”を表示させ…

ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。

「私は別れたくないのに、どうして…?」

彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。

では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?

▶前回:付き合いだしてから、たった2ヶ月で「この子ナイかも…」と思われてしまった、女の行為


今回の悩める女子:佐久間詩織(34歳・化粧品会社勤務)


「章大くんってさ、本当に詩織のこと好きだよね」

同期とのランチタイム。話題は、社内恋愛中である私のことばかりだ。章大とは社内報の取材で知り合い、付き合い始めて4ヶ月ほどになる。

営業成績が良くて社交的。そのうえ180cmの長身で塩顔イケメン。そんな噂を以前から耳にしていた私は、彼に取材できる日を楽しみにしていた。

けれど実際に会ってみた章大は、想像とちょっと違っていたのだ。

「お疲れさまです、広報部の佐久間です。今日はよろしくお願いします」

「あ、はい…。し、志賀です、営業部の」

― なんだかボソボソ喋る人だな。この人が営業部のエースなの?

緊張しているのか、不安げで落ち着きもない。取材中の受け答えもチグハグだった。それが、私の目には頼りなく映ったのだ。

手元にある、まとまりのない取材原稿に頭を抱え、なんとかして書きあげるまでに丸2日。章大が広報部にやってきたのは、そのあとだった。

「佐久間さん、もし良かったら…。一緒にお昼休憩、行きませんか?」

こんなふうにして、彼は頻繁に私のことを誘ってくるようになったのだ。

最初の頃は、絶対に会話が弾まないだろうと思っていた。けれど親しくなればよく話すし、悪い人ではなさそうだと感じた。

その後「付き合って欲しい」と告白された私は、一度返事を保留にするも、OKと答えたのだった。

【恋愛クラッシャーな女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo