恋愛クラッシャーな女たち Vol.1

恋愛クラッシャーな女たち:「私に夢中じゃなかったの…?」交際3ヶ月でフラれた女の、致命的なミス

ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。

「私は別れたくないのに、どうして…?」

彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。

では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?


今回の悩める女子:浅田美緒(29歳・ウエディングプランナー)


「既読スルーから、もう1週間も経つのかあ…」

付き合い始めて3ヶ月の彼氏・拓馬のことを考えてしまい、勤務中だというのにため息が漏れた。

今は、担当している新郎新婦が披露宴で流す、馴れ初めVTRをチェックしている。幸せそうな映像を見ているせいで、より悲しい気分になってきた。

仕事でたくさんの花嫁に関わってきた私も、29歳。

「そろそろ結婚を考えられる相手と付き合いたい…」とボヤいていたところ、大学時代の友人である優子が、4歳年上の彼を紹介してくれたのだ。

「連絡はマメだし、フットワークも軽いから美緒に合うんじゃないかな」

その言葉通り、拓馬は積極的に連絡をくれた。休みの日は車で迎えに来てくれて、ランチやちょっとしたドライブにも連れて行ってくれた。

私が好きだと言ったコーヒー店のカフェモカが、助手席のドリンクホルダーに置いてあったときは、さりげない気遣いが嬉しかったことを思い出す。

そして迎えた、5回目のデート。

「なんか、俺たちって付き合ってるみたいだよね。…いや。付き合って欲しい、です」

遠慮がちな告白だったけれど、普段からよく気を使ってくれる拓馬らしいと思い、ほっこりした気持ちでOKしたのだった。

ところが、その3ヶ月後。

拓馬から、LINEを既読スルーされることが増えてきたのだ。

【恋愛クラッシャーな女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo