絶食系女子 Vol.5

「彼には、絶対言えない…」女が4回連続でお泊りデートを断った、本当の理由とは

彼氏やパートナーがいる人が幸せって、誰が決めたの?

コロナの影響で、出会いの機会が激減したと嘆く人たちが多い2021年の東京で

ひそかにこの状況に安堵している、恋愛に興味のない『絶食系女子』たちがいる。

この連載では、今の東京を生きる彼女たちの実態に迫る。

▶前回:4年間彼氏がいない29歳美女。20万かけて婚活を始めてみたものの…


恋人がいるのに恋愛したくないオンナ・沙羅(30)


『いま東京大変でしょう?体には気を付けてね』

「うん、ありがとう。ワクチンは2回目終わったから、年末には実家帰れるといいな」

『そうねぇ。じゃあ沙羅、そのときはまた大和さんを連れてきなさい。お父さんも彼に会うのを楽しみにしてるから』

― 出た……。

昨年春頃から、母と通話するときのトピックスは、ほぼこの2つ。

1つはコロナ。もう1つは、2歳上で大手総合化学メーカーに勤める恋人・大和のこと。

『もう沙羅も30でしょ?将来のこと、そろそろちゃんと大和さんと話し合いなさいよ』

「はいはい。明日早いからもう切るね」

母が何か言いかけたが、それを遮るように電話を切った。

ホーム画面に戻ると、LINEの通知が目に入る。件の恋人、大和からの連絡だった。

『あさっての土曜日だけど、どこに行きたい?久々にお昼から会えるし、ショッピングでも行こうか』

そのLINEを見て、私は思わず頭を抱える。彼と会う約束をしていたことをすっかり忘れていた。

― しかも、前回会ったときから3週間ぶりのデートじゃん……さすがに断れないわ。

約束を忘れていた私が100%悪いけれど、最近仕事が忙しかったこともあり、土曜日は久々に家でゆっくり過ごすつもりでいた。

― めんどくさい……。

3週間ぶりのデートだというのに、こんなふうに思ってしまうなんて。

これは、彼のせいじゃない。私が『恋愛』そのものに限界を感じているのだ。

【絶食系女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo