絶食系女子 Vol.3

「年収3,000万以上の男がいい」彼氏いない歴4年。身の程知らずの29歳女の本性

彼氏やパートナーがいる人が幸せって、誰が決めたの?

出会いの機会が激減したと嘆く人たちが多い2021年の東京。

ひそかにこの状況に安堵している、恋愛に興味がない『絶食系女子』たちがいる。

この連載では、今の東京を生きる彼女たちの実態に迫る。

▶前回:慶應卒で年収900万。麻布十番在住の32歳美女が『彼氏不要論』をとなえるワケ


高望みするオンナ・恵里佳(28)


『気持ちは嬉しいけど、ごめんなさい。あなたのこと、好きになれないと思う』

グレーのニュアンスネイルを施した指先で、送信ボタンをタップする。

きっと、もう二度と彼に会うことはない。

相手からの返信を見ることさえ面倒に思い、ブロック消去してLINEを閉じた。隣の座席に置いたレディ ディオールにスマホをしまい、ため息をつく。

「はぁ、イイ男がいないわぁ~」

渋谷にある大衆的な焼鳥屋さんのカウンター席。ノンアルコールビールを飲みながら、燻製卵のポテトサラダを一口だけ食べる。

「イイ男がいないんじゃなくて、恵里佳の“お眼鏡”にかなう男がいないだけだろ」

本当なら、六本木や広尾のオシャレなレストランでコース料理が食べたい。だが、こんな店で1本100円くらいの串ものをつまんでいるのは、この男に誘われたからだ。

彼は、幼なじみの翔太(29)。IT企業で営業をしている。

そこそこ稼いでいるらしいが、接待で行くようなかしこまった店が苦手なようで、2人で飲むときはいつもカジュアルな居酒屋ばかりだ。

「はいはい、どうせ私は高望み女ですよ~」

テーブルに肘をつき、枝豆を口に運ぶ。

頬を膨らまし、ふてくされている風に装っているが、実は彼の言葉をそこまで気にしているわけでもなかった。

私は再来週、29歳になる。恋人は、もう4年ほどいない。はたから見れば、崖っぷち女と思われるだろう。

それでも、私にはゆるぎない信念がある。

イケメン長身、年収3,000万以上、知名度がある、トーク力抜群、どんなワガママも聞いてくれる、運動神経が良い、読書家、料理上手…。

これらの条件をクリアする男じゃないと、絶対に付き合いたくない。

いくら高望みと言われようが、いたい女と思われようが構わない。

“あの人”を超えるような男が現れなければ、私は一生恋愛なんてしなくてもいいと思っているのだから。

【絶食系女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo