絶食系女子 Vol.2

慶應卒で年収1,000万。麻布十番在住の32歳美女が『彼氏不要論』をとなえるワケ

彼氏やパートナーがいる人が幸せって、誰が決めたの?

出会いの機会が激減したと嘆く人たちが多い2021年の東京。

ひそかにこの状況に安堵している、恋愛に興味がない『絶食系女子』たちがいる。

この連載では、今の東京を生きる彼女たちの実態に迫る。

▶前回:恋愛経験ゼロの女を、3回目のデートで家に誘ったら…。男が衝撃を受けたあるコト


出会いの機会が減って安心する女・今泉梨香子(32)


『今日も真夏日です。皆さん水分補給はこまめに行い、万全の熱中症対策を…』

可愛らしいお天気キャスターの声が、静かな部屋に響く。私は仕事の手を止めることなく、耳だけでその情報を受け取った。

― 前は、こんな暑い日でも汗だくになりながら出社していたっけ。

コロナ以降、私の勤める広告代理店は完全在宅勤務に移行した。

以前は利便性を重視して会社に近い豊洲のマンションに住んでいたけれど、今年の2月に憧れだった麻布十番へ引っ越した。広々とした1LDKのメゾネットタイプで、白い壁とアイボリーの床が気に入っている。

ふと手元のスマホを見ると、時刻は14時半。そろそろランチにでもしようかと、私はデスクから立ち上がった。

冷蔵庫からふるさと納税の返礼品で届いた有頭エビとアサリ、定期便で購入している有機野菜のトマトを取り出し、さっと簡単にペスカトーレを作る。

ノリタケの食器にパスタを盛り付け、仕上げにパセリと、たっぷりのパルミジャーノ・レッジャーノを削りかければ、ちょっとしたイタリアンレストランのようなランチができあがった。

大理石のダイニングテーブルにメタリックカラーのランチョンマットを敷いて、パスタと常備菜のピクルスを小皿にのせて添える。何度か画角を変えながら写真を撮り、最も美味しそうに撮れた1枚を自身のお料理Instagramにアップした。

「いただきまーす」

昼帯のバラエティ番組を眺めながら、涼しい部屋でまったりとしたランチ。口いっぱいに広がる上質なエビの味わいに舌鼓を打っていると、スマホの画面に1件の通知が届いた。

『梨香子さん本当に料理上手!大尊敬!彼氏さんが羨ましい~』

投稿したばかりのInstagramに、親しくしている取引先の営業の女性からコメントがついたようだ。私は少しだけ後ろめたさを感じながら、ワンレングスの長い前髪をかき上げて、高い天井を仰ぐ。

「彼氏、か……」

実は、私には秘密がある。

【絶食系女子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo