ドクターKの憂鬱 Vol.4

「私も好きって言ったらどうなるの?」既婚の年上女性が、34歳医師に突きつけた厳しい現実

憂鬱(ゆううつ)―。

まるで曇り空のように、気持ちが塞ぎ込んでしまうこと。

失恋を経験した人だったら、少なからず経験したことがある感情だろう。

”ドクターK”と呼ばれる男も、ある失恋をきっかけに、憂鬱な日々を過ごしていた。

彼はかつて、医者という社会的地位も良い家柄も、すべてを忘れて恋に溺れた。

恵まれた男を未だに憂鬱にさせる、叶わなかった恋とは一体―?

◆これまでのあらすじ

銀座のラウンジを営む愛子が気になる影山は、同僚の明石と彼女の店に飲みに行く。店での彼女を見て、住む世界が違うと感じた影山が諦めようと店を出ようとした時、愛子が追いかけてくるが…

▶前回:「銀座は楽しいけど、ほどほどにしろ」友人の忠告を受けても、34歳医師は想いびとを諦められず…


「深夜にサンドイッチっていうのもいいね」

僕らは愛子さんの店の女の子たちからアフターに誘われ、彼女たちにリクエストされた喫茶店を訪れた。

同僚の明石は小腹が空いたらしく、フィッシュサンドを頬張っている。

クラブにいる時と同じく、ウイスキーをロックやハイボールで飲みな......


【ドクターKの憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo