#美ごもり Vol.3

「同じ場にいたはずなのに、男が選ぶのはいつもあの子…」選ばれる女と、選ばれない女の差

ステイホームの時間が増えたいま、 東京にいる男女の生活は大きく変わった。

その中でも華やかな生活を送っていたインスタグラマーたちが、こぞって夢中になったのが「#おうち美容」。

外からも内からも自分と向き合い「美ごもり」生活を送った人々には、いったいどんな変化があったのだろうか?

1つのアイテムが、人生を変えることもある。

東京で「#美ごもり」生活を送る人々の姿を、覗いてみよう。

今回は一皮むけた女・真帆 (29)の話。

▶前回:彼氏の浮気相手は、まさかの37歳で…。「男は若い女が好き」と信じていた28歳女の大誤算


自分に自信がなく、輝けなかった真帆(29)


— あぁ、まただ。

友達の亜美から「結婚します」という報告を聞いて、心がチクっとする。

「真帆ありがとうね〜。あの会がなかったら、私たち結婚していなかったと思う」

幸せな女は、人の気持ちを考えられなくなるのだろうか。

さっきから無駄にキラキラと光る婚約指輪を見せつけられている。必死に愛想笑いを浮かべるものの、きっとうまく笑えていない。

2年前に開催された食事会。亜美と、彼女の未来の旦那様が出会った場だが、私だってそこにいた。

— まただよ。どうして私は選ばれないの…?

今回が初めてのことではなかった。周囲は続々と結婚していくのに、私はまだ独身。出会いの場だって少なくないはずなのに、私だけ取り残されている。

亜美の毛穴ひとつ見えない、キラキラと輝く肌と表情を観察しながら、悔しさと惨めな気持ちをぐっと奥歯で噛み締めたのだった。

【#美ごもり】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo